スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 西井伊豆で電気柵で感電か、2人が死亡5人怪我! | Network 出来事

最新の事件や情報を、わかり易く紹介

事件

西井伊豆で電気柵で感電か、2人が死亡5人怪我!

スポンサーリンク

野生動物よけの電気柵で7人が感電!?

 

 

19日午後4時半頃、静岡県西伊豆町一色の仁科川の支流付近で、川遊びをしていた2組の家族連れと地元住民の計7人が、野生動物よけの花壇の電気柵で感電し、病院に搬送されたというのです。

 

 

下田消防本部によりますと、、男性(42)=川崎市宮前区在住=と男性(47)が死亡。男児(8)と40代の女性が重症を負い、別の男児(8)と女性40代女性、地元住民の70代の女性が怪我をしたということです。

 

 

県警下田署は、電気柵の管理の問題があった可能性があると見て、業務上過失致死傷容疑も視野にいれて捜査を始めたそうですが、20日に実況見分をするとのことです。

 

電気柵による感電事故があった現場の付近=19日午後9時58分、静岡県西伊豆町
電気柵による感電事故があった現場の付近=19日午後9時58分、静岡県西伊豆町

 

下田署や消防の話によりますと、川の斜面には紫陽花の花壇が有り、電気柵は野生の鹿などから花壇を守るために、高さ約1メートルの位置に設置され、事故当時も電気が流れていたそうです。

 

 

電圧は100ボルトだったとの情報も有り、県警が確認を急いでいるとのことですが、この電気柵は近くの住民が設置し、事故後に電源を切ったということです。

 

 

搬送されたのは、電気柵を設置した住民の親族と、其の友人らですが、川遊びをしていた3人が川の中で倒れ、、助けに向かった残りの人達も感電したと見られています。

 

 

『ギャー』と悲鳴が上がり、家族が次々と川に倒れていったそうですが、電気柵の一部は断線して川の中に浸かっていたといい、同署で詳しく事故原因を調べているとのことです。

 

 

西伊豆町によりますと、感電事故が起きた周辺では、獣害対策として土地の所有者が、電気柵を設置するケースが多いということです。

 

 

地元住民によりますと、現場周辺に設置されている電気柵は夜間に通電し、昼間は切っているということですが、最近では夕方から、電気を流し始めるところも有るそうです。

 

 

現場は、伊豆箱根鉄道修善寺駅から南西約25キロの山間部にあります。

 

 

電気柵を巡っては、平成21年8月、兵庫県南あわじ市の水田に張られていたイノシシよけの電気柵に触れた男性が、感電死する事故があったと云うことです。

 

 

近くに住む主婦は、『浅い川に大人の男2人が大の字になって倒れていた。子供たちが泣きわめいていた。地元の人達はビリっとなるから、柵には絶対近づかないのに』と。話していたということです。

産経デジタルより一部抜粋

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

 

薬も心理療法もやめられた画期的なうつ病克服法を伝授します、 心と体から根本的に治すこの治療法を実践すれば、うつ病の改善と再発の予防をすることが可能になります。

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください