スポンサーリンク

日本向け冷凍マグロ・腹に覚せい剤を隠す。

 

 

台湾の法務部調査局は22日、日本向けに輸出されようとした冷凍マグロの体内から、大量の覚せい剤を見つけた、と発表しました。

 

冷凍マグロ53匹の体内から見つかった覚せい剤は、計138キログラムにも上り、日本にわたっていれば推定価格14億円にも相当するということです。

 

同局は、関連した冷凍業者ら3人を拘束したと発表しています。

 

 

日本向け冷凍マグロから大量の覚醒剤 台湾、3人を拘束

台湾南部の高雄港で、覚醒剤が隠されていないかどうかを調べるためマグロを解体する捜査員ら=台湾・法務部調査局提供

このマグロは、南部の屏東県に有る冷凍会社の名義で通関手続きが行われ、静岡市に輸出する予定だったのです。

 

同調査局の話によりますと、覚せい剤を隠したマグロが見つかったのは、台湾南部の高雄港で20日に、停泊中の貨物船に積まれ通関手続きを行った、日本の静岡賀県静岡市宛のコンテナだということです。

 

21日に、X腺検査で詳細に調べた所、1匹の腹部に影があることを発見したということで、腹部を切り開いた所、繰り抜かれた穴に、ポリ袋に入った覚せい剤が詰められていたというのです。

 

 

冷凍マグロの中に覚醒剤、台湾警察が138キロ押収  日本の暴力団関与か

中央社フォーカス台湾

覚せい剤を隠したマグロには、受取人が解りやすいようにと思われる青いリボンで目印が付けられていたそうです。

 

同局は、数カ月前にこの業者らが、覚せい剤を密輸しているとの情報を受け、内偵していたということです。

 

覚せい剤を急速に凍らせると、細かい氷と見分けがつきにくくなることから、こうした手法を考えついたのでは、と見られています。

 

警察などでは、日本の暴力団関係者が関わっている可能性があると見て、捜査を進めているということです。

 

日本国内でも、先日兵庫県で、覚せい剤を3.4キログラム(末端価格2億4000万円)を所持していたとして、指定暴力団山口組系組員覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕されています。

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

 

このソフトは、プロの馬券師のオッズ理論を取り込み、IPATと連動し、完全自動で利益を生み出していきます!
<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>