スポンサーリンク

京阪電車座席をカミソリで切ったとして、大阪信愛女学院短期大学元教授(70)を逮捕!

 

京阪電車の『駅が汚くて清掃を求めたが、対応せず腹が立った』

 

京阪電車内の座席をカミソリで切ったとして大阪府警が大阪信愛女学院短期大学(大阪市城東区)の元教授・吉田巽容疑者(70)=大阪府吹田市・懲戒解雇=を器物損壊の疑いで現行犯逮捕していたことが府警東署の話で分かったと云うことです。

 

 

吉田容疑者はすでに起訴されており「駅が汚くて清掃を求めたが対応してもらえず腹がたった』と、罪を認めているということです。

 

 

京阪電車や大阪市営地下鉄では、約2年前から同様の被害が約100件以上相次いでおり、東署は、吉田容疑者に余罪があるのではと見て調べているということです。

 

 

東署の話によりますと、逮捕容疑は、吉田被告は事位の5~6月の間に京阪本線や市営地下鉄シャナに座席の背もたれ2箇所をカミソリで切った疑いが持たれている、としています。

 

 

6月1日午後、警戒中の賦形鉄道警察隊員が事件現場を目撃し、京阪天満橋付近で吉田被告を取り押さえたと云うことです。

 

 

大阪信愛女学院短期大学によりますと、2013年に採用され、子ども教育学科の教授に着任したということですが、同短大は、6月30日付で吉田被告を懲戒解雇したということです。

 

 

逮捕後の内部調査によりますと、『他にも数回切った』説明をしていると云うことです。

 

 

大学生に、子ども教育学を教える立場の教授という教育者が、駅が汚いから、対応をして貰えないからといって座席シーを切り裂くことは許されるものではありません。

 

 

教育者としての自覚が足りないのか、それとも其の様は分別がつかなかったのでしょうか、疑問が持たれます。

 

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首や肩こりが20秒で改善する!

 

このソフトは、プロの馬券師のオッズ理論を取り込み、IPATと連動し、完全自動で利益を生み出していきます!