スポンサーリンク

 

東大医師が、共同女性研究者にセクハラで賠償命令が!

 

 

 

東京大大学院医学系研究科講師の男性医師(48)から、性的・身体的暴力を伴うセクハラやパワハラを受けたとして、関西の私大で勤務する30代の女性研究者が、男性医師に損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、神戸地裁で有りました。

 

 

寺西和史裁判官は、セクハラなど女性側の主張を認め、男性医師に慰謝料など1126万円の支払いを命じた、と云うことです。

 

 

判決文によりますと、男性医師は医学教育の分野で多数の書籍を手がけるなど、複数の学会理事も務めていると云うのです。

 

 

『公私を問わず女性の存在を否定し、人格を踏みにじった』などとハラスメントを認定しました。

 

 

女性とは、2009年に学会を通じて知り合い、共同研究をしていたと云うことです。

 

 

原告側は、『医師は、医学教育の分野での圧倒的社会的地位や権力を利用し、セクハラを継続した。パワハラもああり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった』と主張していました。

 

 

被告側は、『指導の立場にない。好意があって性的関係を持った』と、反論していたのです。

 

 

判決は、男性医師が10年から2年間、『研究打ち合わせ』名目で宿泊先ホテルに押しかけて、首を絞めるなど、繰り返し性的行為を強要したり暴言を浴びせたりしたと認定しました。

 

 

また、出張先で主白大や食事代を女性に支払わせ、気に入らないことがあれば、未明まで女性を罵倒し続けるなどの行為をしていたというのです。

 

 

女性のPTSDも認め、『女性は、学位習得のため論文感性が必要で、実績があり共同研究者の男性には逆らえにくい関係であることは明らか』と指摘したと云うことです。

 

 

提訴前に、女性の代理人弁護士がハラスメントを指摘すると、自身が理事を務める学会から、一方的に解任したことも有ったそうです。

 

 

 

 

日本の、最高学府である東大大学院の講師が、女性の人格を否定するような行為をしていたとは、甚だ遺憾であると思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!


1日15分の運動を週2回続けるだけで、たった30日で美しく引き締まったメリハリボディになれる女性専用の筋トレダイエットです。
スポンサーリンク