スポンサーリンク

 

岩手・矢巾町中2自殺で『イジメをやらせていた女子生徒がいた』父親が告発

 

 

””授業終了後、Cは直ぐにA君の所に行き、Aくんの髪を掴み3回机に叩きつけた””

 

A君とは、7月5日に電車に飛び込んで、自らの命を絶った岩手県矢巾町の中学2年生・村松亮くん(享年13)のことです。

 

そしてCとは、亮君をイジメていた同級生のことを指しているとのことです。

 

亮君の死後、中学校は生徒たちに聴きとり調査を行い、39ページの報告書に纏めたのです。

 

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■      驚きの高還元率クレジットカード誕生!        □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

  ★リクルートカード:ポイント還元率1.2%!年会費無料!
  ★リクルートカードプラス:ポイント還元率2.0%!年会費2,100円!

  ▼▽▼今ならもれなく!最大10,000円分ポイントプレゼント▼▽▼

 

 

亮君の父に、中学校から報告書が手渡されたのは7月26日、『イジメ実行犯は男子生徒4人』ということで、報告書を受け取った当日に父親は、彼らを暴行、強要、侮辱容疑で岩手県警に告訴し受理されました。

 

報告書に登場する生徒は、全てアルファベットで表記されていたということです。

 

「B・C.D・Eがが其の4人です。机に頭を叩きつけたのがC、亮に向かって教科書などを投げつけたりしたのがBです。4人はみんな亮と同じクラスでした。』と父親は話しています。

 

学校の聞き取り調査にも、彼らは不誠実だったとのことで、例えばB少年に関しては『A区の左頬を1回殴っていた、本気ではないが強かった。Aくんが泣いていた』と、いうクラスメートの証言が有るにも関わらず、B自身は『自分は叩いたり、殴ったりしていない』と主張しているとのことです。

 

 

天然の蚕から採れたシルクで出来た冷え取り靴下『リンマー』の
総販売数が2万3千セット突破!!
身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法
野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

 

『イジメについては、クラス全員が何らか察知していたようです。告訴した4人の男子生徒の他にも、彼らをそそのかして、イジメをやらしていた女子生徒もいたんです』と、父親は話しています。

 

今回の事件で世間を唖然とさせたのは、何回もSOSが出ているのに何も対策を講じなかった女性担任教師の存在です。

 

父親は、『私はずっと担任教師に会いたいと校長に申し入れてました。他の先生に報告していなかった以上、イジメの推移を知っているのは彼女だけですからね。

 

それなのに、私に遭うのが怖くて逃げまわっているのか、通夜や葬式にも来ることはおろか、電話一本、手紙1枚もありません。

 

学校の報告書には、沢山の言い訳のようなコメントをしているのに・・・・』と、憤りを貸さずに話しているそうです。

既に中が校は夏休みに入りましたが、亮君を死に追いやったいじめ事件が滞るようなことがあってはいけない

 

ダイエットなら今流行の【なま酵素美人】

 

女性担任教師が謝罪

 

8月4日に、村松亮さんの女性担任教諭が、村松さんの自宅を訪れ、父親(40)に『イジメを早く気付けずに、自分に力がなかった』と謝罪した、と云うことです。

 

イジメの情報を校内で共有できなかったことについて、生徒指導主事は4月から新しくなったので信用できなかった。亮君との信頼関係も有り、自分で何とかしたかった』と話しているとのことです。

 

村松さんの父親は、『担任の謝罪を聞けてよかったが、息子が自殺する前に保護者と親密にコミニュケーションを取って欲しかった』と話しているそうです。

 

村松さんのイジメを巡っては、中学校がいじめ防止対策推進法に基づき、生徒指導主事や養護教員らで構成するいじめ防止組織を設置していたが、機能はしていなかったと、云うことです。

 

 

 

 

簡単・ゴースト肩こり、腹直筋を鍛える20秒体操

 

 

 

スポンサーリンク