スポンサーリンク

 

家庭用機器・長時間使用・点検不良で6人が死亡

 

 

 

スマートフォンを売るとき、実は初期化だけだと危険がいっぱい!

リサイクルネットなら、特殊ソフトによる完全データ消去で安心買取!
スマホの高額買取は、リサイクルネットへ!

特殊ソフトによる完全データ消去【スマホ売るなら リサイクルネット】

 

 

製品評価技術基盤機構(NITE)は29日、湯沸し器や風呂釜など長期間使用で事故が起きやすい家庭用機器によって、2010年~14年に540件の事故が発生し、6人が死亡、35人が軽症を負ったと発表しました。

 

 

点検不足や、経年劣化による異常を知りながら使い続けて事故に遭うケースが多く、『定期的に業者の点検を受けてほしい』と呼びかけています。

 

湯沸し器や

 

 

NITEによりますと、11年に茨城県内で、約34年使われていたガス瞬間湯沸かし器芽球気不足による異常燃焼を起こし、一酸化炭素中毒で2人が死傷したと云う事ですが、原因としてホコリやススが内部に詰まっていたとの事です。

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

→ [Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

 

 

また、16年の使用でススが詰まり、エラーで停止した石油風呂釜を、利用者がリセットを繰り返して使い続けた所、出火した事故などもを有ったと云うのです。

 

 

NITEが調査したのは、所有者による保守が難しく、経年劣化で重大な事故の可能性が高まる、屋内式ガス風呂釜(都市ガス・LPガス)、屋内式ガス瞬間湯沸し器(同)、石油給湯器、石油風呂釜、密閉型燃焼(FF)式石油温風暖房機、浴室用電気乾燥機、ビルトイン式電気食器洗い機、などの9製品です。

 

 

これらは消費生活用製品安全法に基づく『長期使用製品安全点検制度』の対象で、購入時に製造会社や輸入業者に登録をすると、点検やリコール情報など安全に関する通知が届くようになっているのです。

 

 

しかし、経済産業省によりますと、登録率は、今年3月末現在で、37.2%に留まっていると云う事です。

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー

 

→ WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

台所や風呂の湯沸し器や食洗機等、住宅に設置されているタイプの石油・ガス機器や、電気製品では、試用期間が10年を超えた製品で、発火や発煙などの事故が起きているのです。

 

火災

 

 

石油・ガス機器や電気製品の事故は、使い方を誤って起きることが多くなっていますが、10年を超えた製品では、配管のつなぎ目のゴムが劣化して燃料が漏れたり、配線が切れてショートしたりするなど、部品の劣化も主な原因になっていて、定期的点検を行って適切に部品を交換していれば防げた可能性があるということです。

 

 

NITEの池谷玲夫課長は『住宅設置型の製品も概ね10年を超えると定期的な点検が重要で、場合によっては買い替えの検討も必要になります。メーカーに登録しておけば点検の時期を知らせてくれる制度もあるので、是非活用してほしい』と、話しています。

 

ポイントをためるとハローキティグッズがもらえる!初年度年会費無料のカード
お誕生月にキティちゃんからバースデーカードが届きます。
サンリオピューロランド・ハーモニーランドでのご優待特典も受けられます!
※優待内容は施設・時期により異なります。

→ 年会費無料【ハローキティカード】はこちら