スポンサーリンク

 

MRJ初飛行・53年ぶりに夢を載せて離陸

 

 

三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産初の小型ジェット旅客機MRJ (三菱リージョナルジェト)が11日、午前9時35分頃、愛知県営名古屋空港(同)から飛び立ったのです。

 

 

国産旅客機の初飛行は、戦後初のプロペラ旅客機「YS-11』以来となり、53年ぶりなのです。

 

MRj

 

 

平成20年の事業化から7年掛けて、ようやく初飛行にこぎつけることが出来たということなのです。

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

⇒ [Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

 

 

名古屋空港の滑走路では、報道関係者約300人、航空関係者約100人が見守る中、白いスマートな機体が轟音とともに初めて大空に飛び立ったのです。

 

 

当時の名古屋空港の天候は晴れで、薄い雲が広がる中、MRJは無事離陸をしたと云うことです。

 

 

MRJは1時間ほど飛行、ルートは日本海側の北陸地域沖、または太平洋側の静岡県沖のルートの予想と云うことですが、関係者の話しによれば、まずは太平洋側の静岡県沖から伊勢湾の方向へ向かったということで、約1時間半弱に再び名古屋空港に着陸しました。

 

 

再び、世界を目指すMRJですが、全長は35メートル前後、座席数は70~90席程度の小型機で、主に地方と地方を結ぶ路線で利用される見通しで、従来機よりも燃費が優れているのが特徴だということです。

 

 

ポイントをためるとハローキティグッズがもらえる!初年度年会費無料のカード
お誕生月にキティちゃんからバースデーカードが届きます。
サンリオピューロランド・ハーモニーランドでのご優待特典も受けられます!
※優待内容は施設・時期により異なります。

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

⇒ 素敵なプレゼントあり【ハローキティカード】はこちら

 

 

開発では、設計の見直しなどが相次ぎ、スケジュールの変更・延期は5度に上り、初飛行までに当初の計画から4年以上遅れているのです。

 

 

今回の試験では、真っ直ぐ飛ぶか・左右に曲がれるか等、基本的操縦性を書くに石、上空で着陸状態をシュミレーション後に着陸をするというものです。

 

 

MRJは、三菱重工業の社有機と、防衛省の航空機を伴って飛行し、機体の状況を両機から把握するというものです。

 

 

国産旅客機の初飛行は、半官半民の航空機メーカー・日本航空機製造によるターボプロップ機YS-11型機の試作1号機(登録番号JA8611)以来となり、53年ぶりとなりました。

 
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー

 

⇒ WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー【HETEML】

 

 

YS-11 の初飛行は1962年8月30日で、MRJと同じく名古屋空港で行われましたが延期が重なったMRJの初飛行は、11が並ぶ11月11日と世代の夢が繋がれたような気がしないでもないと云う事です。

 

 

後試験機は、地上で強度試験を実施する強度試験機2機と、実際に飛行して試験を実施する飛行試験機5機を製造するとのことです。

 

 

この内、飛行試験5号機(登録番号JA25MJ)には、ANA塗装を施すと云うことです。

 

 

飛行試験機は日本で一定期間の試験後、2016年夏以降はアメリカ・ワシントン州モーゼスレイクで試験を重ねていくとのことです。

 

 

スポンサーリンク