スポンサーリンク

 

名古屋市‥教師が障害のある男子生徒に暴力、警察に被害届提出

 

 

名古屋市内の公立中学校教諭が、障害のある男子生徒を殴り、怪我をさていました。

 

 

先月、名古屋市千種区の公立中学校で、特別支援学級を担当している50代の男性教師が、授業中に障害のある男子生徒の頭を素手で数回殴り、全治3日の怪我をさせていた事が分かったということです。

 

 

この日の授業は。この教師と男子生徒の1対1で行われていたと云うことですが、帰宅した生徒の頭が腫れているのに保護者が気づき、発覚したというのです。

 

 

男性教師は、『授業に遅れてきたので、叩いた』と話しているということで、生徒の保護者は、警察に被害届を提出したということです。

 

 
抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

⇒ [Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中

 

中学校では『有ってはならないことで、大変重く受け止めている』とのコメントを出しています。

 

 

市教委によりますと、担任教諭は、10月21日、午後、数学の授業中に、生徒の頭を複数回、拳で殴ったということで、学級の他の生徒は休みで生徒と1対1で授業をしていたのです。

 

 

男子生徒は、全治3日間の頭部打撲と診断されたということです。

 

 

帰宅後に保護者が頭のコブに気づき、男子生徒に聞いた所、『担任教諭に殴られた』と話したと云うのです。

 

エイジングケアの決定版!「美のミネラル」たっぷりの天然水とは?

肌のハリ・ツヤ対策の新定番!天然水のチカラでキレイになる人続出中♪ ⇒エイジングケア『フィジーウォーター』

 

 

教諭は学校の聞き取り調査に対して、『授業に遅れ、落ち着きがなかったために殴ってしまった』と体罰を認め、学校側はは本人と保護者に謝罪し他とのことです。

 

 

市教委の担当者は『原因などを調べ厳正に対処したい』とし、処分を検討しているということです。

 

 

特別支援学級は、小‥中学校に傷害の種別ごとに置かれる少人数の学級(8人を上限)と云うことですが、知的障害‥した不自由‥病弱‥弱視‥難聴‥言語障害‥自閉症‥情緒障害などの学級があります。

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバー

 

⇒ WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

 

 

特別支援学級の教員は、小学校‥中学校‥苦闘ガッコまたは幼稚園の教員免許状の他に特別支援学校の教員免許状を取得することが原則となっているのです。

 

 

従来、盲学校・聾学校・養護学校ごとに分けられていた教員の免許状は学校教育法等の一部改正によって特別支援学校の教員の免許状1本化されました。

 

 

特別支援学校教員免許状の取得のためには、様々な障害についての基礎的な知識・理解と、特定の傷害についての専門性とを確保する事とし、大学等における特別支援教育に関する科目の週状況等に応じ、教授可能な傷害の種別(教育領域。例えば『視覚障害に関する教育』など)を特定して授与されるとのことです。