スポンサーリンク

 

埼玉・熊谷特老ホーム愛心園、手続き経ずに身体拘束

 

 

埼玉県熊谷市上根の特別養護老人ホーム「愛心園」(社会福祉法人妻沼会・定員70人)で、認知症の入居者34人が、車いすにベルトで固定されたり、ベッドの周りを柵で囲ってでられないようにされたりする身体拘束を受けいていたことが、県などの話で分かったということです。

 

 

いずれも、規定の手続きを踏んでおらず、県は法令違反がなかったかどうか、調査をしているとの事です。

 

 

県は、届け出のない入所者への身体拘束を解除するよう指導したということですが、調査は継続しており、詳細を把握した上で、改善など今後の対応を決める方針だということです。

 

 
抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

⇒ [Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

 

 

 

愛心園の赤石寧理事長は新聞社等の取材に対し、少なくとも2年前から手続きを経ずに身体拘束をしていたことを認め、『入居者に怪我をさせないための臨時の措置としてやっていた。認識が甘く、申し訳ないことをした。』と述べているのです。

 

 

県福祉監査課によりますと、同円が身体拘束をしているとの情報を元に、9月4日にと口説調査を実施したということです。

 

 

70~90代の入居者のうち認知症の男女35人に対して、ベッドを柵で囲ったり、身体を車いすにベルトで縛ったりしていた他に、排泄(はいせつ)物を自分で触らないように手袋をつけさせる拘束が行われているのが確認されたというのです。

 

 
スマートフォンを売るとき、実は初期化だけだと危険がいっぱい!

リサイクルネットなら、特殊ソフトによる完全データ消去で安心買取!
スマホの高額買取は、リサイクルネットへ!

⇒ あんしん買取【スマホ売るなら リサイクルネット】


 

 

 

35人のうち34人については、身体拘束をめぐり厚生労働省が定める手続きが取られていなかった事が分かったそうです。

 

 

厚労省は、高齢者の尊厳を損なうとして、身体拘束を原則禁止しているのです。

 

 

やむを得ず拘束をする場合でも、身体拘束以外に介護の方法がないなど、3つの要件をすべて見足すとともに、家族への説明や同意を取ることを求めているのです。

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバー

 

⇒WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー【ヘテムル】

 

入所者への身体拘束は、施設に検討会などを設けて判断し、親族らへの同意を得て実施しなければならい、と定められているのです。

 

 

県福祉監査課は、理事長兼施設長が支持していたのか等、詳細を調べているということです。

 

 

愛心園は取材等に対して『理事長県施設長が不在でわからない』と答えているとのことです。

 

 

 

 

スポンサーリンク