スポンサーリンク

厚生労働省、大規模調査で判明

 

 

副作用の恐れが有る為に、高齢者に『不適切』とされる薬が、在宅医療を受ける高齢者の48%に処方され、、うち58%の患者に薬の副作用が出ていたという『大規模調査結果』を、厚生労働省の研究班がまとめたというのです。

 

 

高齢者の在宅医療で、処方の実態が全国規模で明らかになうのは初めてだとのことです。

 

 

同省では、高齢者に広く不適切な処方が行われている可能性があると見て、来年の診療報酬改定で、薬の適正使用を促す枠組み作りに乗り出す方針だっということです。

 

 

高齢者は、薬の代謝機能が衰えているために副作用だ出やすいと云われ、近年欧米諸国では高齢化にともなって社会問題になっているのです。

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

⇒ [Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

 

 

 

 

医学会などが、高齢者には避けるべき薬のリストを作リ対応をしているということで、日本にも同様の基準は有るのですが、医療現場には浸透しておらず、高齢者に深刻な副作用が出たとの報告が相次いでいるのです。

 

 

通院が困難な患者の自宅などを、医師が訪れる『在宅医療』の推計患者数が、昨年は1日あたり15万6400人で過去最高となっています。

 

 

終末期を迎えた患者を中心に、住み慣れた自宅での療養を望む声の高まりを受け、同省は2011年度から在宅医療の推進に向け政策を展開しているのです。

 

 

調査は3年毎に行われており、今回は14年10月に実施し、約1万3500箇所の医療機関を対象に1日あたりの患者数を調べて、全国状況を推計したということです。

 

 

 
=========== << スカイスキャナー >> ============

スカイスキャナーは航空券、ホテル、レンタカーを瞬時に検索比較できる旅行検索サイトです。
国内線、日本発着の国際線のほか海外発着の航空券も検索できます。

■□■□■□■             ■□■□■□

       ◆目的地別に航空券、ホテル、レンタカーを一括し比較検索!◆

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>

 

一括比較はこちらから>>お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

======================================
 

 

 

 

 

其の結果、14年の在宅医療の患者数は推計15万6400人で、11年と比べて1.4倍にも増えたことが分かりました。

 

 

統計を取り始めた1996年以降、7万人前後で推移していたと云う事ですが、08年からは増加傾向が続いているということです。

 

 

同省は、来年度の診療報酬改定の方針として、入院よりも在宅医療重視の方針をさらに進める形になっています。

 

 

診療報酬は、手術や診察ごとに医療機関に支払われる【技術料】の事で、税金・保険料・患者負担でまかなわれています。

 

 

それらの価格は、厚労省が2年に1度、改定することになっていて、次回の来年4月の改定に向けた検討が続いているのです。

 

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバー

 

⇒ まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバーヘテムル

 

 

 

 

 

『改定の方針』では、これまでも打ち出してきた入院よりも在宅医療を重視する方針をさらに進めるために、訪問看護や地域の『かかりつけ医』、『かかりつけ歯科医』の評価上げることにしたのです。

 

 

また、医療費の増大を抑えるためにジェネリック医薬品を安くして使用を推進する他、複数の診療科に掛かる高齢者らに同じような薬が重ねて処方されるのを防ぐ薬局の評価を上げるとしています。

 

 

然し、現実的には、在宅医療で『薬の重複』や、『不適切』な薬の処方が見られたということで、薬の適正使用を促す枠組み作りも促進することを決めたのです。

 

 

 
ふとんクリーナーはレイコップ
医師として“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”
そんな思いからレイコップが生まれました。

⇒ ふとんクリーナーはレイコップ

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>