スポンサーリンク

 

LINEで虐待の連絡を取り合い

 

 

 

埼玉県狭山市で、顔全体に火傷をした3歳の娘を放置したとして逮捕された母親らが、娘の屁の虐待を認めた上で、『去年の秋頃からエスカレートした』などと話していることが分かったと云うことです。

 

 

母親の藤本容疑者(22)と、内縁の夫大河原容疑者(24)は、顔全体にやけどをした藤本容疑者の次女・羽月ちゃん(3歳)を狭山市の自宅マンションに放置していた疑いが持たれています。

 

 

羽月ちゃんは自宅で死亡し、体中に複数の傷やあざが見つかったのです。




 

その後の捜査関係者の話で、2人は羽月ちゃんへの虐待を認め、『去年の秋頃からエスカレートした』等と話していることがわかりました。

 

 

また無料通信アプリ『LINE』で、『今日、こういうことしよう』などと虐待の内容について連絡しあっていたということが新たに分かったと云うことです。

 

 

保護責任者遺棄の疑いで逮捕された両容疑者は、火傷について『お湯をかけた』と話し、日常的な虐待も認めているということですが『食事もあまり与えなかった』との供述もしていることがわかりました。

 

 

また、部屋の押し入れにはロープを結ぶ金具がついており、またペットをつなぐリーのような紐も押収されています。




 

警察は羽月ちゃんをロープで縛り、閉じ込めるような虐待がなかったか詳しく調べているそうです。

 

 

警察は、2人が虐待を始めた理由を調べるとともに、羽月ちゃんの死因の特定を急いでいます。

 

 

藤本容疑者の元同僚は、{羽月ちゃんが地べたに座っているだけ。『おいで』と言っても藤本容疑者の顔をの方をちらっと見て、動かない『突き飛ばした』と言っていたが『なんで?』と聞いたら『言うことを聞かないから』}と話しています。

 

 

別の有人は{『押し入れに入れてきた』、とか『今日ご飯あげていない』、とかいう話はちょこちょこ聞く」}などと話しています。




 

 

一方、住民の中には、羽月ちゃんへの虐待を伺わせるサインを感じていた人もいました。

 

 

容疑者宅と隣接する青果店店主(65)は昨年末に子供の鳴き声を聞いたと云うことで、『2時間ほど鳴き続けていた。3歳と聞いておどろくほど小さかった』と話しています。

 

 

また、近所に住む20代の男性も『母親が怒鳴っているところを見かけた』ということです。

 

 

狭山市によりますと、葉月ちゃんは『母親の就労』を理由に昨年6~7ヶ月の間、市内の保育所に在籍、其の後「家庭での保育が可能になった』として退所していたそうです。

 

 

また同市は、羽月ちゃんの乳幼児健診が未受信であったことこから、容疑者宅を訪問し、藤本容疑者や羽月ちゃんと面会、『発達、発育に問題はない』と判断をしていたとの事です。