スポンサーリンク

 

千葉県佐倉市、男女3人も暴行被害に、女性を人質に立てこもり

 

 

 

18日午後8時35分頃、千葉県佐倉市王子台の協会で、『男が暴れている』という内容の110番通報が有ったというのです。

 

 

千葉県警佐倉署員が駆けつけた所、男が女性を人質に立て籠もっており、同日午後11時半現在、捜査員が女性を開放して投降するように説得に当たっているということです。

 

 

県警の話によりますと、男が立てこもっているのは、『佐倉王子台チャペル』で、男は30~40代ぐらい、バットや果物ナイフとみられる凶器を持っているとの事です。

 

 



 

 

 

男が暴れだした当時、人質となった女性の他に現場となった協会には少なくても男性2人、女性1人がいた模様ですが、3人は建物の外に逃げ出したということで、逃げる際に男から切りつけられたりして怪我を負っていると見られています。

 

 

地元消防によりますと、高齢の男性2人が病院に運ばれたそうですが、『2人は頭を打つなどしているが意識はあり、命には別状はない』と云うことです。

 

 

現場は、京成電鉄本線の京成臼井駅から北東に約300メートルほど離れた住宅街にある協会で、近くには佐倉市民音楽ホールや公園などが有ります。

 

 



 

 

 

ホームページによりますと、同教会はキリスト教系の日本長老教会に属しているとのことです。

 

 

現場では、協会から約70~80メートル離れた場所に棋聖戦がはられ、住民が遠巻きに警察官らが男をせ得する様子を見守っているとの事です。。

 

 

近所の60代の男性は、『あたりが騒がしくて外に出たら、大事なことになっており、驚いた。普段は静かな場所、何が起きたか怖い』などと話しているとのことです。