スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 帝京科学大・柔道部内暴力事件で全柔連が処分発表 | Network 出来事

最新の事件や情報を、わかり易く紹介

イジメ問題, 事件, 虐待

帝京科学大・柔道部内暴力事件で全柔連が処分発表

スポンサーリンク

帝京科学大柔道部員らに、3ヶ月から1年間の出場低処分に

 

 

帝京科学大学(東京都足立区)柔道部で起きた部内暴力を受け、全日本柔道連盟は3日、都内で懲戒委員会を開き、下級生に暴力を振るった3・4年生6人を3ヶ月から1年の登録停止、監督責任として当時の乙黒靖雄部長を1年の登録停止処分にしたと発表しました。

 

 

帝京科学大学

 

 

 

処分期間中、選手は公式試合への出場が、乙黒氏は指導が禁じられたということで、処分はいずれも同日付で発令さました。

 

 

 

処分内容は昨年12月に、寮の食堂で2年生の男子部員(既に退学)を殴り、顎を骨折させた3年生の男子部員が最長の1年。

 

 

4年生の5人のうち、退学した2年生部員に対して約1年間のうち複数回、殴る蹴るの暴力を振るった他、別の下級生にも暴行した1人が6ヶ月。

 

 

暴力を振るったことが1度ある残り4人は3ヶ月となりました。

 

 

被害は退学した2年制に集中していますが、他にも3人が暴力を受けていたということです。

 

 

全柔連は、関係者への聞き取り調査で実態を洗い出してきたということです。

 



 

 

其の中で、部員とともに寮で暮らしていた乙黒氏が昨年11月に、自分の部屋に4年生部員の大半を集め、退学した2年生部員を『厳しく指導しろ』と指示した直後に暴力が相次いだことに注視したと云う事です。

 

 

 

乙黒氏は聞き取り調査に対して指示を認めたうえで『暴力は振るうな』と付け加えたと主張したと云うことですが、全柔連はこの指示を『暴力的指導を容認するかの如き言辞』と厳しく指摘し、指導者の監督責任にも踏み込んだのです。

 

 

 

また全柔連は、処分対象となった暴力以外にも2014年以降、上級生から下級生への暴力が『少なからず認められた』と、常態化していたことも指摘したのです。

 

 

 

 

しかし、既に卒業した部員も含まれており、事実関係を特定できななっ勝ったと云うことです。

 



 

 

 

懲戒委員会後、記者会見した近石康宏専務理事(元大阪府系本部長)は、『全柔連が全力で暴力根絶に努めているさなかであり、憤りを感じ得ない。非常に虚しい』と述べたというのです。

 

 

大学側は『乙黒氏が暴力を伴う指導を指示したり、容認したりした事実はない。事実誤認があり、納得しがたい部分がある』とコメンを出しました。

 

 

 

未だ根強く残る力による指導、大会など出成果を表さなければならないという宿命から、自他共栄・精力善用の思想が疎かにされているのです。

 

 

 

柔道創始者である嘉納治五郎氏の遺訓である、『世を補益するのが柔道修行究極の目的』、指導者はこの言葉の意味を、良く知るべきではないでしょうか。

 

 

 



 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください