スポンサーリンク

 

マンション近くに住む37歳の男を逮捕、DNA型が一致

 

 

 

去年8月に、東京・中野区のマンションで劇団員の女性が殺害された事件で、警視庁は近くに住んでいた男(37)を12日午前殺人の疑いで逮捕したと発表しました。

 

 

殺人の疑いで逮捕されたのは37歳の男で、この事件は去年8月に。中野区のマンションで劇団員の加賀谷理沙さん(当時25)が首を紐のようなもので締められて殺害されているのが見つかったというものです。

 

 

 

これまでの調べで加賀谷さんの自宅からは、バッグや衣服など10数点が持ち去られていたほか、加賀谷さんの爪から犯人の男のものと思われる皮膚片が見つかっており、DNA型が検出されていました。

 

 

 

警視庁は、交友関係や現場周辺の人物などを中心に捜査を進めてきたということですが、その後調べで、現場に残されていたDNA型が当時現場近くに住んでいた男(37)のDNA型と一致したことが、捜査関係者の話で分かりました。

 

 

 



 

 

 

警視庁は、この男が事件に関わった疑いが強まったとして、男の逮捕状をとり、12日午前、殺人の疑いで逮捕したのです。

 

 

アルバイト店員で劇団員の加賀谷リサさん(25)が殺害されているのが見つかった事件で、室内の残されていたDNA型が、事件当時マンション近くに住んでいた男(37)のものと一致したため、警視庁中野署捜査本部は同日、男を殺人容疑で逮捕しました。

 

 

事件は、平成27年8月26日午後10頃に発覚しました。

 

 

 



 

 

 

 

加賀谷さんが、前日夜のアルバイトを無断で欠席したことを不審に思った同僚が中野署に相談し、同署員が遺体を発見しました。

 

 

玄関奥に、全裸の状態で仰向けに倒れ、顔にタオルケットが掛けられていて、首には紐で締められたような痕があり、死因は窒息死と判明したのです。

 

 

加賀谷さんの爪の中の微物などから、犯人のものと思われるDNA型が検出され、捜査本部は交友関係者らと紹介、加賀谷さんは25日午前9時40分頃以降、無料通信アプリ「LINE(ライン)』を使用した形跡がなく、この時間帯の防犯カメラの解析なども勧めた結果、男の関与が浮上したという事です。

 

 

 

男は事件当時、現場マンションの近くに住んでおり、加賀谷さんのことを知っていた可能性があり、12日午前に身柄を確保された当時は、福島県内にいたということです。

 

 

マンションから加賀谷さんのリュックサックや財布、布団カバーなど10数点が無くなっており、捜査本部は詳しい動機や経緯を調べるということです。