スポンサーリンク

 

巨人軍野球賭博問題、公式戦で声出し現金やり取りNPB調査で把握も公表せず。

 

プロ野球巨人の選手が自軍の公式戦の勝敗を対象に、『声出し』と呼ばれる現金のやり取りをしていた問題で、巨人が声出しを日本野球機構(NPB)の調査で把握しながらも公表を控えていたことが14日、巨人軍の発表で分かりました。

 

 

NPBが、野球協約に抵触しないと判断したことなどが理由だということです。

 

 

また、これら一連の声出しには1軍選手の大半が参加していたことも、判明しました。

 

 

 

巨人の森田清司総務本部長によりますと、声出しは平成24年春、成績が低迷したことを機に始まったということです。

 

 

 

試合前に投手陣と野手陣が、別々に組む円陣で激励の声出しをする係に対して、巨人が勝つと1人5千円を渡し、負けると声出し係が全員に1人千円を渡していたというものです。

 

 
乾燥肌や敏感肌、アトピーにお困りの方に最適!咲水スキンケアジェル『スイゼンジノリ』



 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

1回当りのやり取りの総額は投手陣が6万円、野手陣が8万円の計14万円で、一部を除いて大半の選手が参加していたということです。

 

 

 

産経新聞などの取材に対して、笠原将生元投手(25)は『連勝していくごとに(渡す金が跳ね上がる)』と説明をしていたと云うことですが、巨人側は金額は一定だったと主張しており、当時主力選手だった高橋由伸監督関与については、『まだ分かっていない』としているとのことです。

 

 

 

NPBは昨秋、声出しは『敗退行為につながらない』として、野球協約に抵触しないと判断をしたということです。

 

 

 

巨人の説明によりますと、例えば1軍に登録されている28選手が1人5千円ずつ出しあい、チームが勝った場合に、選手の円陣で掛け声を担当していた選手が集めた金・14万円を総取りしていたと言う事です。

 

 

 

報道などによりますと、巨人が勝てば次の試合でも同じ選手が円陣の掛け声を担当し、勝ち星が続く度に集めた金を同じ選手が受け取り続けたということです。

 

 

一方負けた場合には、円陣で掛け声を担当した選手が1千円X28人分・合わせて2万8千円を払っていたそうです。

 

 

 

 



 

 

 

 

実際に28人が関わったかどうか、誰が関与した等分かっていないということで、このようにして集めた現金については、巨人の若手選手らが紙に書いて集計していたということです。

 

 

 

巨人は『少額で験担ぎの意味合いもあり、賭け事とは異質』として公表をしていませんでした。

 

 

巨人は14日、賭博問題の再発防止に向けて設立された規律委員会を開催し、声出しについても報告をしたということです。

 

 

 



 

 

 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>