スポンサーリンク

 

阪神でも金銭のやり取り、球団社長が明らかに

 

阪神四藤圭一郎球団社長(55)が15日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場で取材に応じ、チーム内で試合目の円陣での『声出し』やノックで現金のやり取りがあったことを認めました。

 

 

 

似たようなことが有ったのは否定しない。ノックで罰金を取っているとか、円陣も有ったと思う。此処数年じゃないのかな。何千円という話です』と説明しをしたのです。

 

 

 

巨人の選手が、自チームの公式戦の勝敗に絡んで、円陣での『声出し』で現金のやり取りを行っていた事が発覚したばかりです。

 

 

 

乾燥肌・敏感肌、アトピーにお困りの方に最適!ジェル『スイゼンジノリ』


 

 

 

 

今年1月にコミッショナー通達があり、阪神球団は調査して、事実を把握したということです。

 

 

 

同社長は、『倫理の問題が問われている。賭博行為につながりかねない。賭博の芽になるし、野球に関する金銭行為は一切やらないと確認している。あったら許されない』と話しています。

 

 

 

四藤球団社長は、チームでも同じように金銭のやり取りが常態化していたことを、明らかにしたのです。

 

 

 

同社長は、阪神でも、公式戦前の円陣に絡み、同様の金銭授受が行われていたことを認め、、金額は1人数千円程度で、時期については『此処数年だと思う』と説明し、また試合前のノックでのミスを対象に罰金も集めていたということです。

 

 

 

巨人の野球賭博問題に絡む球団の調査で明らかになり、四藤球団社長は、『練習の雰囲気を盛り上げていこうとか、緊張感を出そうという趣旨も有ってやっていたと思う』と話しています。

 

 



 

 

 

日本野球機構は、昨年10月に巨人の3投手が関与した野球賭博問題が発覚した際に、それに伴う調査の中で、巨人のチーム内でこうした金銭のやり取りが行われていたことを把握していたということですが、野球協約で禁じられている『敗退行為』に繋がる可能性はないとして公表せず、巨人も明らかにしていませんでした。

 

 

 

熊崎コミッショナーは、『協約違反でなくとも、よくはない再発防止のため(今年1月に通達で)野球に関する金銭授受を一切禁止した』と改めて話しています。

 

 

 

こうした行為の積み重ねが野球賭博の背景にあったと考えられるためで、今回の件も公表すべきでは無かったのかと疑問の声が上がることは明白であり、球界全体への警告となったのではないでしょうか。

 

 

今回は、一部報道が先行して明るみに有りましたが、球界に自浄能力がかけているのではないでしょうか、阪神の元球団社長で関西国際大客員教授の野崎勝義さんは『敗退行為でなくても、類したことはすぐに公表すべきだ、巨人は危機感が足りなかったのかもしれない』と指摘しています。

 

 



 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>