スポンサーリンク

失踪から2年、女子生徒を保護!未成年者誘拐の疑いで23歳の男に逮捕状請求

 

 

 

2年前から行方がわからなくなっていた、埼玉県朝霞市の当時中学1年生だった女子生徒が27日午後、東京・中野区で保護されました。

 

 

警察は27日夜、未成年者誘拐の疑いで女子生徒と一緒にいた、中野区の23歳の男の逮捕状を請求したということです。

 

 

警察によりますと、保護されたのは、一昨年3月10日に、中学校をでた後から行方がわからなくなっていた埼玉県朝霞市の当時中学1年生の女子生徒で、27日正午過ぎに、東京・中野区のJR東中野駅の公衆電話から『助けてほしい』と警察に通報し、警察に保護されたということです。

 

 

保護された時に女子中学生は、『男が「秋葉原に行く」といって外出した際に、アパートから逃げ出し電話した』等と話しているということで、行方不明になった一昨年3月10日に、男から『弁護士だが送ろうか』等と声を掛けられて車に乗ったというのです。

 

 

 



 

 

 

 

警察によりますと、女子中学生と一緒にいたのは中野区に住む23歳の男で、警察は27日夜、女子中学生を連れ去った未成年者誘拐の疑いで逮捕状を請求しました。

 

 

男は中野区のアパートには帰宅せず、現在所在が分かっていないということで、警察は男の行方を捜索し、未成年者誘拐の疑いで逮捕する方針だということです。

 

 

女子生徒は警察に『男と一緒にいたが、男が外出した際に逃げてきた。常時監禁のような状態だった』と反しているということで、男の行方を探しており、捜査本部を設置するということです。

 

 

27日午後0時半頃、女子生徒がJR中野駅の公衆電話から110番通報、駆け付けた中の署員が公衆電話の前にいた女子生徒を発見し保護しました。

 

 

女子生徒は通報する前に自宅にも電話をしており、母親(42)にお母さん』と呼びかけて名乗り、母親が場所や一人で居るのかどうかを尋ねたところ、1人で居ると答えたということです。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

女子中学生は一昨年3月10日、中学校を出てた後、学習塾に姿を見せず、帰宅した母親が自宅の郵便受けに『家も学校もチョット休みたいです。さがさないで下さい』等と書かれたメモがあるのを見つけました。

 

 

そして、3月19日には『元気で過ごしている。迷惑を掛けてごめんなさい』等と書かれた手紙が自宅に届き、警察は20キロ程離れた埼玉県上尾市内から投函されたと見て、捜査員を出しましたが手がかりはなく、事件に巻き込まれた疑いも有ると見て調べていたのです。

 

 

女子中学生はすぐに両親と対面し、健康状態には問題はないということです。

 

 

警察は、生徒が不明ななった経緯や、2年間どのような状況でいたのかを詳しく調べることにしています。

 

 

 



 

 

 

 

スポンサーリンク