スポンサーリンク

 

千葉・自立支援施設職員の男(35)を逮捕

 

千葉県にある児童自立支援施設の元入所者の17歳の少女にみだらな行為をしたとして、この施設の職員の男K容疑者(35)が逮捕されました。

 

 

K容疑者は、、去年11月に、この少女が18歳未満と知りながら、千葉県内のホテルで2回に渡り、みだらな行為をした疑いが持たれています。

 

 

警察によりますと、K容疑者は施設を対処した少女に『アフターケアー』と称して連絡を取り、『タバコなどの非行行為にを児童相談所に報告する』等と言って関係を迫っていたということです。

 

 

K容疑者は調べに対して、『性欲が抑えられなかった』と容疑を認めているということです。

 

水素は逃げる。だから出来たてを飲む【Swish】

1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】

 

 

 

K容疑者は、非行などで入所した少年や少女の生活指導を担当していたということですが、昨年11月に過去に担当していた元入所者の17歳に少女を携帯電話で呼び出し、2度にわたってホテルでみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いが持たれているということです。

 

 

K容疑者は少女に対して、『実家に帰っていないだろう』とか『タバコを吸っているだろう。児童相談所に通告するぞ』等と脅かしてホテルに連れ込んでいたということです。

 

 

警察によりますと、調べに対しては、容疑を認め、『退所後のアフターケアーの名目で少女に近づいた。性欲を抑えられなかった』等と供述しているということです。

 

 

警察は、K容疑者がこの少女の他にも数回同じような行為を繰り返していた疑いが有ると見て、詳しい経緯などを調べているとのことです。

 

 

 

『オシャレな開運財布はありませんか?』という、女性の声で作りました

カラーセラピストが薦める開運のカラー財布

 

 

 

 

千葉県の児童自立支援支援の職員が児童福祉法違反の疑いで逮捕されたことを受け、千葉県が記者会見を開き謝罪しました。

 

 

記者会見で、千葉県健康福祉部の川嶋博之次長は『少年少女を守るべき立場の職員がこのような不祥事を起こし、深くお詫び申し上げます』と謝罪したとのことです。

 

 

千葉県の説明によりますと、児童自立支援施設『千葉県生実学校』は、非行をするなどした少年や少女が入所して生活指導を受け、自立を目指す施設だということです。

 

 

逮捕されたK容疑者は、平成18年の採用依頼、『児童自立支援専門員』として施設に勤務し、入所している少年らと寝食を共にしながら生活指導にあたっており、普段の勤務態度には問題がなかったそうです。

 

 

千葉県は、捜査の進捗を見ながらK容疑者に対して、厳正な処分を検討するとともに、今後外部の有識者も交えて再発防止策の検討をすすめるとしています。

 

 

 

オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!
カラーミーショップ

スポンサーリンク