スポンサーリンク

 

留置した容疑者から感染か、留置場担当署員が発症

 

 

警視庁渋谷署の警察官19人が、署内で結核に集団感染していたことが分かりました。

 

 

詐欺容疑で留置した60代の男が昨年2月に肺結核で死亡しており、この男から署員に広がった可能性があるということです。

 

 

同署の話によりますと、詐欺の疑いで現行犯逮捕した60代の男が昨年2月11日に肺結核で死亡、昨年12月になって留置場を担当していた署員が結核に感染して発症したため、同署は、男から感染した可能性があると見て他の署員も調べてみたところ、更に18人が感染していたことが分かったのです。

 

 

大半は留置場や、刑事事件として男を担当した署員だったということで、19人のうち6人が発症し、3人が入院をしていましたが、既に退院し、現在は自宅で療養中だということです。

 

 

 

 

 

 

昨年末から今月にかけて留置場などを担当する署員19人が集団感染した件について、入院した署員が居る他、治療しながら勤務についていた署員も居るということです。

この内の4人は11日に感染が判明し、検査の上治療の必要性などについて今後、医師の指示をまっているとのことです。

 

 

昨年2月に、渋谷署に詐欺事件で留置の中の60代の男性が体調を崩して病院に搬送され、肺結核で死亡していました。

 

 

 
フルーツメール

 

 

 

 

同署は、因果関係や感染拡大にの経緯を調べる他、他の署員に検査を受けさせて、感染の有無を確認しているということです。

 

 

同署の小林仁副所長は、『留置人が結核に感染していると早期わかっていれば、隔離するなど対応が取れたかもしれない。結核に関しての認識が不足していた。再発防止と原因究明に努めたい』とコメントを出しています。

 

 

 


 

★ 『REALWORLD』のご紹介 ★
『REALWORLD』は生活に役立つサービスや、暮らしの知恵になる情報を発信!
あなたの生活を豊かにするお手伝いをするサイトです!

★ REALWORLDでできること ★
◆1. お買い物・会員登録などで、リアルを貯める!
◆2. 貯めたリアルを、楽天スーパーポイントなどに交換可能!

★ いつものお買い物が2倍お得になる! ★
普段使っているショッピングサイトをREALWORLDから利用するだけで、
リアルが貯まります!リアルとショッピングサイトのポイントが
Wで貯まるから、いつものお買い物が2倍お得に!
欲しいものはREALWORLDで探さないとソン!

★暮らしに役立つ商品や情報がいっぱい! ★
◆ピックアップ.  話題の商品やおすすめ商品を厳選してご紹介
◆レコメンド特集. 暮らしに役立つコラムを配信

ほしい商品や情報がきっと見つかるはず
まずは無料登録してREALWORLDの楽しさを体験!

↓↓ここから登録するだけですぐ使えます↓↓