スポンサーリンク

 

古都の名刹『仁和寺』、宿坊でブッラク企業と同じ実態が

 

 

世界遺産・仁和寺(京都市右京区)が運営する宿坊の元料理長の男性(58)(京都市北区)が、過酷な長時間労働で抑うつ状態になったとして、寺を相手取り約4700万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が12日、京都地裁でありました。

 

 

地裁・堀内照美裁判長は『極めて過酷ともいうべき長時間労働を強いており、労働時間規制を軽視する態度は顕著』と指摘し、仁和寺に総額4253万円の支払いを命じたということです。

 

 

 

判決によりますと、男性は2005年から境内にある宿坊御室会館』の料理長を務めいていたということですが、11年に月100時間以上の時間外労働が常態化したというのです。

 

 

 

残業が月200時間以上になることや、349日連続勤務も有ったということです。

 

 

 

男性は12年に『抑うつ神経症』と診断されて仕事を休むようになり、13年には労働基準監督署から『労災認定』を受けたのです。

 

 

 

原告男性は判決後に記者会見し、『これで人生を一歩前に進めるが、私の身体が治ったわけではない。これまで仁和寺から謝罪は一切なく、誠意の無さにショックを受けている』とコメントを出しました。

 

 

仁和寺の担当者は『主張が認められず大変残念。内容を精査して控訴を検討したい』としています。

 

 

爽やかで人気のある咲水スキンケアジェルです!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化!咲水スキンケアジェル
4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化、ビタミンC誘導体でメラニン抑制が期待できます。
注目成分のスイゼンジノリ多糖体がお肌に潤いを与え、乾燥からあなたの肌を守り、肌理(キメ)を整えます。

 

 

 

古都の名刹『仁和寺』は、仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって【西山御願寺】と称する一寺の建立を初願されたことによって始まりました。

 

 

しかし翌年に光孝天皇が志半ばにして崩御されたため、第59代宇多天皇が先帝の遺志を継がれ、仁和4年(888年)に完成され、次号も元号から取られて仁和寺となったと云うことです。

 

 

数回に渡る焼失を経て再建され、昭和時代に入り、仁和寺は真言宗御室派の総本山となり、近年では平成6年(1994年)に古都京都の文化財の一つとしてユネスコの『世界遺産』に登録され、新たな歴史を刻んでいるのです。

 

 

レンタルサーバー⇒ ヘテムル なら、
独自ドメイン【無制限】、データベース【100個まで】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 256GB!
1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバーHETEML』⇐

 

 

 

厚生労働省は長時間労働が疑われる企業5031事業に対して重点監督を実施した結果、74%にあたる3718事業所に、労働基準法違反が有ったと発表しています。

 

 

46%の2311事業所で労使協定を超えるな違法な時間外労働が有り、24%の1195事業者は厚労省が過労死のリスクが高まると位置づける『過労死ライン』(月80時間の残業)を超え、過酷な長時間労働が浮き彫りになたのです。

 

 

重点監督は昨年11月に、過去に労災申請が有った事業所など長時間労働が疑われる企業に実施されました。

 

これらを見ると、仁和寺を訴えた男性は、この『過労死ライン』を超えており、仁和寺の労働改善の必要性が分かります。

 

 

 

 

★スカルプシャンプー・ノンシリコンスカルプシャンプー・アミノ酸スカルプシャンプー・・・・★
正規販売店はこちらから

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>