スポンサーリンク

 

スキー連盟(SAJ)、『更生したなら道開く』との処分を発表

 

 

臨時理事会で2人の処分が決まったのを受け、『全日本スキー連盟(SAJ) の古川年正専務理事らは、27日午後、東京都内で記者会見を開き、『2人の大麻使用の事実を重く受け止めている』と重い口調でコメントを出しました。

 

 

バドミントン選手による違法賭博問題など、スポーツ界の不祥事が続く中、古川専務理事は『不祥事が起こったのは我々(選手教育)の仕組みの問題でも有る。反省している』と陳謝したのです。

 

 

スノボー

参考写真であり本文との関係は有りません

 

 

 

 

古川氏らによりますと、二人のうち一人は使用を認めたものの、もう一人は使用を否定し、説明も拒否したということです。

 

乾燥大麻

 

 

 

古川氏は『将来ある有望選手を導くのも連盟の仕事』と、この選手を強く説得して個人的に面会したが、『僕は吸っていません』と強く否定したということです。

 

 

100GB、マルチドメインやMySQLが無制限。CGI・PHP高速化機能搭載【X2】
大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

 

 

 

連盟によりますと、会員登録無期限停止は最も重い処分ということで、開幕まで2年を切っている2018オリンピックへの2選手への出場について古川氏は、『将来ある選手の道を閉ざしたくはない』と苦渋の表情を浮かべ、『選手が更生したなら道を開くことも視野に入っている』としながらも、『無期限なので、此処で可能性の有る、ないの判断は出来ない』言葉を濁しました。

 

 

更に選手強化に専念するあまり、倫理的な教育が置き去りにされているとの批判について、古川氏は『真摯にうけとめている。決して良い影響を与える話ではない』と述べています。

 

 

その上で『世界一になればなんでも良いと思っていない。ただ、選手を365日管理することは出来ない』と、連盟の置かれた立場に苦悩を表していました。

 

 

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によりますと、大麻を意図的に吸引していなくとも副流煙などの影響で、成分が検出される可能性があるということです。

 

 

『人が大麻を吸っているような場所にアスリートは近づかないことだ』と注意を促しています。

 

 

大容量256GB・月額1,000円(税抜)~!レンタルサーバー【ヘテムル】
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー⇒HETEML

 

 

 

事件の概要は、スノーボード男子の未成年選手が、米コロラド州遠征中の昨年12月に、大麻を使用していた事が発覚したのです。

 

 

この選手がSAJの事情徴収で使用を認め、入手経路について『パーティーで外国人にもらった』等と話していることが27日に関係者の話で分かりました。

 

 

関係者の話によりますと、SAJが外部に委託して行った毛髪鑑定でも、微量ながら大麻使用の痕跡が確認されたと云うことです。

 

 

大麻は、世界反ドーピング器官の禁止薬物リストに入っており、競技大会時に検出されると一般的に、2年間の出場停止処分を受けます。

 

 

また、米コロラド州では合法化されているということですが、21位歳以上なら嗜好品として一定量、所持・使用ができることになっています。

 

 

ネットショップの開業ならカラーミーショップ
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

 

 

 

 

二人への処分は、◎会員登録と競技者登録の無期限停止、◎連盟強指定の取り消し、◎日本オリンピック委員会(JOC)の強化指定の解除であり、二人が未成年であることから氏名や年齢は公表しませんでしたが、共にスロープスタイル種目の選手だということです。

 

 

二人への処分は連盟規定の中で最も厳しく、ワールドカップや世界選手権、オリンピックにも出場はできません。

 

 

但し、SAJや国際スキー連盟の管轄外である賞金大会への参加など、プロ活動は制限されていないそうです。

 

 

 

 
足汗用・制汗ミスト【足サラ】
足サラサラで靴を脱いでも大丈夫♪【足サラ】

関山整体、28年の実績!簡単セルフ整体でつらい肩こりがスッキリ

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>