スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 『弁護士股間枝切ハサミ事件』妻は『夫はペット、今後は離婚し海外へ』 | Network 出来事

最新の事件や情報を、わかり易く紹介

事件

『弁護士股間枝切ハサミ事件』妻は『夫はペット、今後は離婚し海外へ』

スポンサーリンク

 

妻は不倫に反省なし、小番被告は妻の裏切りにも問題せず

 

 

 

元法科大学院生小番一輝被告の裁判法定論告、興味のあるところですが・・・・・!

 

 

『汝は事実を語れ、我は法を語らん』裁きを受けるものを前にした法吏の有り様を示したローマの格言ですが、証言台に立っった元法科大学院生の小番被告(25)はどこまで真実を吐露したのでしょうか?

 

 

元プロボクサーでも有る小番被告、間男である妻の勤務先の上司を殴り、あろうことかハサミで相手の局部(陰茎)を切り取ってしまった『弁護士の卵』が考えた法定戦術とはどのようなものなのでしょう。

 

 

『小番被告は黒のスーツ姿で坊主頭、事件直後に見た写真よりも少し髪が伸びていました。』

 

 

と、話すのは傍聴人の一人ですが、4月14日に東京地裁で、小番被告の被告質問が行われましたが、20席ほど有る傍聴席は、ぎっしり満員であったということで注目の高さが伺えます。

 

 

定期購入機能でオンラインショップの売上倍増
スマートフォンでの売上が急増中のオンラインストア。まずは無料でお試しください

 

 

 

公判はこれまで4回、そこで小番被告が被害者の事務所に乗り込んで、殴った末に局部(陰茎)を切り取る様子が生々しく語られ、その一方でセクハラを受けたと思われていた妻が、浮気をしていたことも冒頭陳述などで明名になったのです。

 

 

更に前回(3月18日)の法定では、妻の供述調書も読み上げられました。

 

 

そこでは、学生で収入の少ない小番を疎ましく思っていたこと、被害者の事務所で働くうちに仕事が楽しくなってしまい、小番被告を『ペットと思えばよい』と考えるようになったこと、そしてこれからは『苗字を変え、人生をリセットしたい』と離婚をほのめかし、『海外の美術学校に行きたい』と、別々の暮らしも考えている、とも話しているのです。

 

 

嘘をついて、夫を『局部・チン切り』に走らせた身勝手な妻ですが、小番被告に対する愛情は微塵も感じられなかったと云うことです。

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは⇒ まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

これに対して夫・小番被告は

 

 

『最初は無表情で答えていた小番被告でしたが、5分と絶たないうちに嗚咽が始まり、裁判官から「もう少し大きな声で」と注意を受けていました』と、傍聴人は話しています。

 

 

小番被告と妻との出会いは、東日本大震災のボランテイア活動だったとか、結婚した理由を聞かれると、『同棲してから3ヶ月たち順調でしたし、お互いに愛していたので・・・・・』とまた嗚咽したという。

 

 

そして、弁護士から妻への思いを聞かれると、『僕は妻を自分の命よりも大切に思っていて心から愛しています』

『妻は毎週必ず面会に来てくれていて、これまでに手紙も100通異常送ってくれている。今後も僕を支えたいと言ってくれているんです』

 

 

妻の供述書とは随分違って、夫婦和合を強調しているというのです。

 

 

一方検察側は被害者の局部を切るシーンをより生々しく小番被告に証言させているそうです。

 

 

元東京地検特捜部副部長の若狭勝氏(現衆院議員)は、『事件の構図は、妻がセクハラを受けたと吹きこまされた小番被告が、犯行に及んだら『実態は不倫だった』というもので、事実に争いは有りませんが、小番被告の恨みが将来妻に向かう可能性もあります。

 

 

家族関係の悪化は情状酌量にはマイナスですから「今は関係修復している」とアピールしているのでしょう』と解説しています。

 

 

次回、公判は6月に行われる予定で、判決は夏頃になる見込みだと云うことです。

 

 

週刊新潮より一部抜粋

 

 

 

乾燥肌やアトピ性皮膚炎の方に最適、咲水スキンケアジェル
4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化!咲水スキンケアジェル

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください