スポンサーリンク

業界団体が加盟社に警告文を送致

 

 

事実と異なる産地が表示された多数の羽毛布団が、市場に出回っている疑いが出ているというのです。

 

 

事態を重く見た羽毛布団の業界団体は、フランス産として売られている羽毛布団について、『半分以上は産地偽装』などとする警告文を加盟社に送付したということですが、消費者には知らされていないのです。

 

 

羽毛布団

参考写真であり本文とは関係ありません

 

 

羽毛業者は『加工過程の中国で、高価な欧州産に低価格の中国産を混入させ、水増しさせている』と証言しています。

 

 

羽毛布団メーカーなどで作る日本羽毛製品協同組合(日羽協)によりますと、羽毛布団の国内販売数は年間320万枚有るとのことで、その約半数の羽毛布団が中にある羽毛について、主にフランスやハンガリ、ポーランドなど欧州の産地を示しているそうですが、残りは、無表示や中国産だということです。

 

 

 

モニター98%実感!植物にこだわったプラセンタサプリ
口コミで話題の若返りサプリ、体に優しいプラセンタ”穂しずく”

 

 

 

日羽協が100社を超える加盟者に当てた2通の内部文書によりますと、1つは2014年5月漬けで、『適切な産地表示の徹底について』と有り、食品偽装の社会問題を受けて『羽毛原料の国別輸入実績以上の欧州及び北米産表示の羽毛布団が市場に合うれている』と注意を促しているのです。

 

 

15年の財務省統計によりますと、羽毛原料の輸入先は中国が48%、台湾が29%で欧州・ロシアが17%になっています。

 

 

警告文書が通達されているにも関わらず、改善されないということで、15年1月にもう一度配布されたということです。

 

 

『羽毛の原産地の偽装表示について』として、フランス産については『半分以上は偽装と思われる』

 

 

ハンガリー産などについても『産地の信憑性に欠ける。原産地の偽装表示は景品表示法違反や詐欺罪が適用される』と、強く警告をしています。

 

 

 

スマホでネットショップやるなら「カラーミーショップ」
スマートフォンでの売上が急増中のオンラインストア。まずは無料でお試しください

 

 

 

偽装が起きる背景には布団の安値販売の激化や欧州産と中国産の価格差に有るというのです。

 

 

安い『中国産』が混入した羽毛を布団に詰めれば仕入れが安く済むと話す商社マンも、中国産が混入した『欧州産』は市価より格安で販売されます。

 

 

本州の輸入業者によりますと、フランス産羽毛は直接買い付けると、キロ当たり6千円位だが、中国から輸入した同じフランス産羽毛がキロ当たり4千~4500円辺りで市場に出回る時が有るとのことで『4千円は中国に近い値段』と業者は話しているそうです。

 

 

羽毛原料の輸入先として中国が半分を占めていますが、東京、名古屋、大阪、福岡で売られている羽毛布団を調べたところ、産地をうたう羽毛布団490点中、97%にあたる475点は欧州、ロシア産、残りは中国産だったということです。

 

 

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>