スポンサーリンク

ボランテイア、避難所から帰宅する際の支援にニーズが

 

 

 

震災から復興作業が続く熊本市では、ゴールデンウィーク最終日を迎えてボランテイアの数が激減しているということで、人で不足が深刻化しているというのです。

 

 

熊本市ボランテイアセンタによりますと、7日と8日については、約1000人の募集に対して半数程度しか集まらなかったそうです。

 

 

8日で連休が終わり、遠方からのボランテイアが地元に帰ったことなどが背景にあると見ています。

 

 

中川奈穂子ボランティアセンター長は『自分のところに来て片付けを手伝って欲しいとおっしゃる高齢者の方や障害をお持ちの方は沢山いらっしゃる。一人でも多くのボランテイアの方にお手伝いいただければ』と話しています。

 

 

こうした状況を受け、熊本市長は、『超急募』というタイトルのメッセージをツイッターなどで配信し、『まだまだ人出が必要だ』と、継続的な支援を呼びかけているのです。

 

 

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!⇒
カラーミーショップ
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>

 

 

 

『仕事柄、希望を出せば休みがもらえると思うので、休みを利用して戻ってこられればいいと思う』

 

 

熊本市のボランティアセンターに、8日も全国各地からのボランテイアが登録手続きに並び、およそ200人の列が出来たとのことですが、目標とする800人を大幅に下回ったのです。

 

 

『1日も早く各家庭の応援にボランテイアに出てもらえるよう、ボランテイアがたくさん来てもらえると、私達はありがたい』

 

 

熊本県によりますと7日は県内合わせて1465人がボランテイアとして活動していたということですが、ピーク時の3572人のおよそ4割に留まっています。

 

 

今後は避難所で生活する人が帰宅する際の支援などで、ボランテイアのニーズが高まることから、復興へ向けた人で不足が懸念されるとのことで、熊本県では引き続き協力を呼びかけることにしているそうです。

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは⇒ まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

一方、熊本県は地震発生から1ヶ月となる時期を目処に現在、国から送られる食料や救援物質を可能な限り、自力調達に切り替える方針を固めたということです。

 

 

避難者の数がピーク時の1割を切り、物資の不足がほぼ改称されたことなどから、県内での調達を優先して、地元経済の回復に繋げたい考えなのです。

 

 

未だ余震が続く熊本地方、連休明けから子供たちの学校への登校が始まるとか、しかし体育館には避難者がいることなどから、仮設住宅や県営住宅などへの移転先確保が急がれます。

 

 

 

 

企業で働きたいと考えている水商売経験者へ

ナイトワーク経験者必見!!その経験を必要としている企業があります!!

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>