スポンサーリンク

わいせつ教員200人超、懲戒・訓戒処分・体罰3953人に倍増

 

 

新聞紙上で、平成25年度に教え子らへのわいせつ行為ににより懲戒や訓告などの処分を受けた、効率学校の教員は205に(是年度186人)に上り、昭和52年度の調査開始以降、最多となってことが文部科学省の調査で分かりました。

 

 

 

なお、処分者が200人を超えたのは初めてだということです。(産経新聞2015年1月31日)

 

 

 

と、昨年伝えられましたが、静岡県教育委員会も全国的傾向と同じく、本年度のわいせつ行為による懲戒・訓告処分が相次いでいるのです。

 

 

 

とりわけ相次ぐ教職員の不祥事多発を受けて、静岡教委は、臨床心理士と連携した不祥事防止策を2014年度後半から始めたというのです。

 

 

 

なぜなら教員のわいせつ行為に、懲戒訓告処分を下すだけの対処療法ではもはや再発防止に成らないほど、相次いで発生したからなのです。

 

 

 

ネットショップの開業ならカラーミーショップ
スマートフォンでの売上が急増中のオンラインストア。まずは無料でお試しください

 

 

 

 

過去3年間でも、懲戒事案13件のうち、10件が盗撮や生徒の体に触れるなどのわいせつ行為が続いていることが分かりました。

 

 

 

急増しているようにも見えますが、実は以前から事件は起きていたにも関わらず、これまで明らかにならなかったからとも言えるのです。

 

 

 

件数が増えているというのは、ポジティブに捉えれば女性が訴えやすくなったこと、すなわち問題が顕在化した来てのではないのでしょうか。

 

 

 

とはいえ、自体は非常に深刻であり、静岡教委は、再発防止に向けて人事担当者による処分のための聞き取りとは別に、不祥事を起こした当事者と臨床心理士が、カウンセリングのような形式で、教員の生い立ちから家族背景に至るまで面談して多角的に分析をしているというのです。

 

 

 

具体的には心理テストをしたり、不祥事至った経緯や動機、行為に関する考えなどを聞き取ったりすることで行為を引き起こした心理的な動機、更には教職員や学校ならではの仕事の特性によるストレスなど遠因となる問題を抽出することが目的だということです。

 

 

ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

 

 

 

何故、教員がわいせつ行為をするのか?

 

静岡県教職員コンプライアンス委員会において、臨床心理士による中間報告を受けましたが、単なる性的傾向だけでない複数の要因がわいせつ教師を作り出していることが徐々に明らかになっています。

 

 

 

現在はまだ分析中であるとのことで、断言は出来ないそうですが、複数の事例の共通点を考えると、キーワードは飲酒と自己逃避であることが考えられています。

 

 

 

教員のわいせつ事件の場合、お酒を飲んだ機会に起きることが多い傾向にあるとか、また盗撮などの事件ではギャンブル思考の人がより刺激を求めて悪いことと知っていながら、盗撮行為に及んだケースだというのです。

 

 

 

いずれも職場や家庭で、人間関係が上手く行かずにストレスとなり、自暴自棄になり事件を起こすケースが散見されていたということです。

 

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー ⇒まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

何故、教員は自暴自棄になるのか?

 

教員のわいせつ事件は、教え子や同僚の教員への社会的信頼、そして大切な家族の信頼もうしなう悲しい結末が待っています。

 

 

 

民間の人であれば、会社でそれだけ大きなストレスを抱える前に環境を変えるために転職するなど回避する事が出来ますが、教職員の場合、安定した聖職(公務員)であるが故に、家族に依願退職を言い出せなかったり、専門性が高いため転職が容易でなかったりすることが、教職員を追い込み事態を悪化させる遠因になっているようにも思える、というのです。

 

 

 

とはいえ、臨床心理士が面談することで、当事者の立ち直りのキッカケにもなるという報告も、幅広い視野で対応し実効性の高い再発防止の取り組みができると期待されているのです。

 

 

 

yhooニュース(溝口紀子氏)より抜粋

 

 

 

気になるところの悩み
高級プラセンタとセラミド2週間分が1,080円

スポンサーリンク