スポンサーリンク

 

セクハラひた隠す企業、加害者を擁護する体質

 

 

セクハラ被害、立場の弱さから我慢を強いられる悔しさや、組織の対応への疑問など、セクハラ被害の深刻さが浮き彫りになっているというのです。

 

 

『相手と笑顔で話すことが出来ない自分、強く言えない自分が嫌になる。私達も辛いんです』

 

 

20歳も離れた上司から、飲み会の帰りにいきなりキスをされたという女性は、『信頼していただけにショックで泣きそう』

 

 

職場の雰囲気を悪くしないよう、誰にも相談できず、必死に笑顔を作って耐えているというのです。

 

 

『たかがキスではありません。上司にはすごく気を使っているんです。

 

いつも笑顔だからって、何もしていいなんて思わないで下さい』と、悔しさを滲ませています。

 

 

高級プラセンタとセラミド2週間分が1,080円

使い続けてシミ・シワが消える?製薬会社のプラセンタ


 

 

 

3年半に渡りセクハラを受け続けたという元大学職員の女性は、加害者は大学から懲戒処分を受け、表向きは解決したように見えますが、女性は『違う』と訴えているのです。

 

 

『未だに大学ではセクハラへの注意や研修はあっていない。

加害者は出勤停止中で、私が退職したので丸く収まったと思われているのでしょう』と、話すのです。

 

 

セクハラを大学側に訴えないよう圧力を掛けたり、見て見ぬふりしたりする同僚たちにも苦しめられたというのです。

 

 

心身を病み、10年近く勤めた職場を辞めざる得なかった無念さが滲んでいました。

 

 

ネットショップの開業ならカラーミーショップ
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

 

 

男性従業員から尻を触られたり、手を握られたりしたという飲食店勤務の20代の女性は、上司に注意してもらうと、男性従業員は『コミュニケーションのつもりだった』と弁解したという、『男性の感覚は私には理解できない』と、話しています。

 

 

40代の男性は『日本の企業組織なら「セクハラ』は当たり前だよなと思った』と、云う意見も有るのです。

 

 

『通院費や薬代などの金銭的損害を被らないといけないことに憤り感じる』と話すのは、セクハラ被害で精神的ダメージを受けた福岡県の公務員の女性です。

 

 

大分県内の女性は『大学生の就活が厳しい中、せっかく得た職場をセクハラで去らなければならないとは、なんと辛いことか』と話しています。

 

 

労働政策研究・研修機構が、昨年9・10月に企業6500社にアンケートを送るなどして行った調査委によりますと、職場でセクハラを経験したことがある女性は28.7%に、この内の63.4%が『我慢し、特に何もしなかった』と泣き寝入りしていたことが分かりました。

 

 

『加害者に抗議した』は10.2%、『上司に相談した』が10.4%、『抗議』・『相談』した人の割合は、正社員、契約社員に比べパートタイマーや派遣労働者のほうが低かった、つまり泣き寝入りが多かったことも分かりました。

 

 

レンタルサーバーヘテムル なら、
独自ドメイン【無制限】、データベース【100個まで】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 256GB!
1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバーHETEML

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>