スポンサーリンク

 

教育評論家や有識者からは懸念の声も

 

 

 

東京都府中市は今年度から、入庁3年目の市職員全50人を自衛隊に、2泊3日で体験入隊させることを決めたというのです。

 

 

研修の一環としてですが、同市は、『厳しい環境の中で「ゆとり世代」の若手職員を鍛え直したい』と、其の意義を強調しています。

 

 

しかし、有識者などからは否定的な意見も出ているということです。

 

 

研修は、同市内に有る航空自衛隊府中基地で実施されるとのことですが、事務職、技術職、保育士食の全員が6月の平日3日間を使い、災害時の救助活動や挨拶、行進などの基本動作の訓練を行うとのことです。

 

 

宿泊を伴う集団生活では、時間厳守や整理整頓も重視されるそうです。

 

 

スカルプシャンプーが、セットでほぼ半額【LABOMO】

 

 

 

同市の入庁3年目は、初めて配置された部署から移動する時期でも有り、一部の職員には自分が何をすべきかを見失ったり、積極性に掛けたりする傾向が見られるというのです。

 

 

このため、市職員課は、『規律に厳しい自衛隊の訓練を通じて、ゆとり世代があまり経験していな上下関係を学び、チームワークや積極性などの向上に繋げたい』と話しています。

 

 

しかし、これらの研修に対して元教育者で現在教育評論家を名乗っている識者たちは、他に指導法が有るだろうと述べいてますし、ある大学教授は『上の命令で部下を集団的に動かしたい懐古趣味』など批判しています。

 

 

しかし、現在の多くの若者達は、仕事を押し付けられた仕事時は自由にやりたい責任を押し付けられた与えられた仕事以外はしたくない、等の行動が見られるのも事実なのです。

 

 

其のような社会人を作り上げたのが、先の教育者や評論家たちであって、責任を逃れた言動にも思えるのです。

 

 

小中学校時代に、疑問をもたせ、自ら解決させることや、率先して行動できるような教育を逃し、単なる教科書の中での教育に偏りすぎてしまった結果だといえるのではないでしょうか。

 

 

 

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!⇒【 カラーミーショップ

 

 

 

 

ゆとり世代は、マニュアル世代(取説世代)といわれた時が有りました、マニュアルがなければ出来ない、それ以外について習っていない、書いていない等と簡単に拒否してしまうことも見られのです

 

 

今回の府中市の自衛隊研修については、多くの批判が見れられ、『ブラックだ』、『不名誉なレッテル貼って、業務との関連の薄い研修にぶち込むって普通にパワハラだろ、これ』、『市職員に身につけさせたいことを、市職員としての通常の業務の中で身につけさせることが出来ないなら、それこそが問題では』、『マネジメントの問題を新人に転嫁するのは最悪』などの声も上がっています

 

 

府中市職員課の担当者は『ゆとり世代を鍛え直す意図ではなく、記事の内容に困惑している』と説明し、取材を受けた際にも『ゆとり』と云う言葉は使わなかったそうです。

 

 

担当者によれば、府中市では職員研修の充実に取り組んでおり、今回発表された入庁3年目職員の航空自衛隊での研修も其の一環で『研修は「災害救助」を目的としており、大人数を泊りで受け入れる場所として、府中市に有る航空自衛隊が適切だと判断しました』と述べています。

 

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

 

懐古趣味だ、ブッラクだ、パワハラだと言われようが、災害時に市民の前に立ち、市民を安全に誘導してくれるための研修、災害時にはマニュアルだけでは対応が難しいと言われています。

 

 

マニュアルを基本とし、臨機応変に対処できる力や判断力が必要とされるとか、その為に必要と思われる研修ならば、体験入隊でも他の研修でも、沢山行って欲しいものです。

 

 

『出来ません』、『分かりません』と簡単に答える前に、出来るかも知れない、分かるかも知れないと考えることの出来る、職員を期待したいです。

 

 

 

最近、性的不祥事が全国的に見られる教職員が、これらの研修に含まれていないのが残念です。