スポンサーリンク

大手AVプロダクション・元社長ら3人の男を逮捕

 

所属モデルを、強引にアダルトビデオ(AV)の撮影現場に派遣させたとして、警視庁が11日、東京都渋谷区の芸能プロダクションの社長ら男3人を労働者派遣法違反容疑で逮捕したことが、捜査関係者の話で分かりました。

大手AVプロ元社長逮捕 労働者派遣法違反容疑 女性「出演強要された」

違法アダルトビデオ撮影の構図

 

同庁は、男らが内容を知らないまま交わした契約書を用意して、出演を強要していたと見て調べているということです。

 

捜査関係者の話によりますと、社長らは2013年頃、所属していた当時20歳代の女性モデルを本人の意志に反して、都内の撮影現場に派遣した疑いが持たれています。

 

女性との所属契約には、AV出演をほのめかす内容が有ったということですが、本人には契約書の写し(コピー)を渡さず、内容を知らせていなかったのです。

女性が撮影を拒もうとすると、『違約金が発生する』等と迫り、出演させたということです。

 

労働者派遣法違反容疑で逮捕されたのは、大手AVプロダクション『マークスジャパン』(東京都渋谷区)の40代の元社長と現社長の他の男を含む3人です。

女性が『AV出演を強いられた』と警視庁に相談して、事件が発覚しました。

 

労働者派遣法は、実際の行為を含むAVへの出演を『公衆道徳上有害な業務』として、規制しているのです。

捜査当局が同法を適用して、強制捜査に踏み切るのは異例な事と見られています。

 

 

お得な情報
ビューステージチャージプレミアム水素水がいつでもどこでも作れる!充電式で携帯出来る水素発生機が登場!

 

逮捕容疑は、平成25年9月頃、マークス社に所属する女性を、みだらな行為を含む撮影のため、AVメーカーに派遣したとしています。

複数の女性が類似の相談をしており、メーカー側も女性が嫌がっていることを知った上で撮影していたと見ています。

 

警視庁は、マークス社やグループの『ファイナプロモーション』(同)を家宅捜索し、他にもメーカーの『CA』(港区)、『ピエロ』(練馬区)も捜索したということです。

実際の行為の撮影は、同法をはじめ複数の法令に抵触する可能性があり、AVは演技を撮影することを前提とされているのです。

 

業界関係者によりますと、過激な内容をうたう海外発のインターネット上の動画配信サイトが拡大していることから、既存の大手メーカーでも同様の撮影が横行しているというのです。

警視庁は、業界内で違法な撮影が常態化してると見て、実態解明を進める方針です。

 

AVの撮影が、労働者派遣法の有害業務に当たるかどうかについては、判例上、『撮影時の項の内容で判断すべきだ』とされており、製品内容とは関係はないとのことです。

若い女性たちが本人の意志に反して、アダルトビデオ(AV)に出演させられている問題について、政府は6月2日に民間団体からヒアリングして、実態の把握に努めるという答弁書を閣議決定したばかりです。

 

 

お得な情報
バスのる夜行・高速バス「ブルーライナー」と航空祭見学バスツアーの予約サイトです。

ケータイ乗り換え.comソフトバンクへの乗り換えの携帯販売サイトになります。