スポンサーリンク

 

裏メニューで、豚の生レバーを提供

 

 

腸管出血性大腸菌感染症で、亡くなった方やE型肝炎を発症した方が多いため、牛や豚・鳥などの生レバーの提供、及び摂食を禁止してから1年余り、生レバーの提供が未だ行われていると云う実態が、浮き彫りにされたのです。

 

生レバー刺し禁止

 

 

 

神奈川県の捜査員が、豚の生レバーを提供した居酒屋に客を装って内偵捜査していたと報じられ、ネット上で話題になっているというのです。

 

 

『裏メニュー 毎週水曜日 焼いて食べて下さい』

 

 

神奈川県警などによりますと、捜査員が2016年4月27日に容疑者の男(36)が経営する横浜市内の居酒屋に入店すると、出された店のメニューにこう書いてあったと云うのです。

 

 

捜査員が、書かれたことについて『何か』と聞くと、店員は『豚の生レバーです』とはっきりと答えたということです。

 

 

その後、生レバー1皿(600円)が運ばれてきたとのことですが、七輪やコンロなど焼くための器具は出されなかったとか、捜査員は、生レバーは食べていないとのことです。

 

 

3月に匿名メールで情報提供があり、、それをきっかけに県警が内偵捜査を進めていたのです。

 

 
国内宿・ホテル予約なら、『るるぶトラベル』!
スクロール地図で周辺地域も簡単検索!ビジネスから高級旅館まで

 

 

 

6月15日の水曜の夜、経営者の男は市内の自宅にいるところを、食品衛生法違反の疑いで浦賀署に逮捕されました。

 

 

この日は『裏メニュー』の日になっており、毎週のように自らのフェイスブックで裏メニューの宣伝をしており、、この日も正午頃に同様の書き込みをしていたということです。

 

 

男は、中心部まで火を通していない豚の生レバーを捜査員に提供した疑いが持たれており、容疑を認めているとのことですが、店の客に健康被害が有ったことは確認されていないそうです。

 

 

神奈川県警は、『内偵捜査』については『おとり捜査ではない』と、説明しています。

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

豚の生レバーは、厚生労働省が15年5月に店での提供を禁止しており、それから1年余りがたっていますが、警察が摘発したのは全国でもこれが初めてと云うことです。

 

 

ネット上では、依然生レバーは人気があるようで、『美味いんだよな』、『食べられないのかと思うと残念』、といった声が多く聞かれ、また、真意は不明ですが、今回と同じように『裏メニュー』が有る店を知っている、などとの書き込みまで見られるのです。

 

 

今回は、生レバーを焼く器具が客に出されなかったために、摘発に繋がったとの見方も有りますが、器具さえ出せば、客が生で食べても『自己責任』となるとして、未だに提供している店も有るのかもしれません。

 

 
ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!【カラーミーショップ】
カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

 

豚の生レバーを食べることについて、横須賀保健所は次のように指摘し、注意を促しています。

 

 

『E型肝炎になる確率が高く、やはり危険です。脳まで侵す寄生虫もいるとされ、妊婦が食べれば流産にも繋がります。

 

 

牛のレバーも寄生虫の話は聞きませんが、腸管出血性大腸菌感染症などの中毒を起こす細菌が残っている可能性があります。

 

 

今回のことがきっかけになって、広く其の怖さが伝わって欲しいと願っています』

 

 

これから河川やキャンプ場等で、BBQをしたりする機会も多くなりがちですが、5月には各地で行われた肉フェスで、半焼(生焼け)状態の肉を食べたり、生肉を触った箸の使い回しと思われる食中毒が多数発生したのです。

 

 

 
お得!簡単!格安航空券を検索比較!航空券徹底比較『スカイスキャナー』

 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>