スポンサーリンク

 

 

自転車による死亡事故多発、損害賠償額1億円超えも

 

 

 

大阪府で7月1日から、条例により、自転車にのる人全員に対して、事故の損害を賠償する保険への加入が義務付けられるというのです。

 

 

兵庫県ではすでに始まっており、滋賀県でも10月に導入される事が決まっているのです。

 

 

事故の加害者側に、高額な賠償を命じる判決が相次いだことが背景にあると見られていますが、非加入でも罰則はなく、効果は未知数ということです。

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー!『ヘテムル』

 

 

先月末、兵庫県川西市で、朝のゴミ出しから帰る途中の女性(74)に登校途中の小女子高生の自転車がぶつかったのです。

 

 

女性は頭を強打し、意識不明の重体に、女性の長男(47)は事故後、『母が元に戻るわけではないが、治療費もかかる中で、かすかな光に感じた』と、病状を報告していました。

 

 

大阪府では来月から、『自転車利用者は、自転車損害賠償保険等に加入しなければならない』と云う条例の適用が始まります。

 

 

府内で自転車を使う場合は府民かどうかを問わず、加入は義務と云うことに、子供の場合は、保護者が加入させる義務が有るのです。

 

 

2015年、府内で自転車事故による死者が50人と、前年から16人増えたと云うこと、また事故数計1万2222件も全国ワースト1位なのです。

 

 

 
【カラーミーショップ】なら、出店料無料のショッピングモール【カラメル】に出店できる!

カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

府は条令に合わせ、損害保険会社などと協定を結び、自転車販売の『あさひ』とau損保が開発した保険は、本人のみなら月150円、家族タイプだと月270円の保険料で、補償は最大1億円と云うことです。

 

 

保険料の一部は、交通安全活動などに寄付されるとのことで、大阪府は条令のための問い合わせ先『06-6944-6736』も設置しました。

 

 

今月は、1日60~70件の相談や問い合わせの電話が寄せられたそうです。 

 

 

15年10月に兵庫県は、全国に先駆けて条令で自転車保険への加入を義務化しました。

 

 

今年10月には滋賀県も続くということで、保険加入は『努力義務』の東京都や埼玉県も『他県の状況を見て義務化の必要性を考えたい』との構えです。

 

 
宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」
家族旅行にうれしいお宿の情報が満載!【JTB】ファミリー旅行特集

 

 

 

自転車事故に対する考えは自治体だけではなく、立命館大学は学生が起こした自転車の死亡事故をキッカケに、12年度から自転車通学をする場合は、警察官らの講習を受けた上で、補償額最高1億円以上の保険加入を義務付けたのです。

 

 

これまでに、約1万7千人が登録をしてるということです。

 

 

小学生が、70代の女性とぶつかり死亡してしまったと云う事故でも9千万円以上の高額請求もありました。

 

 

最早、他人事ではない自転車事故、これから多額な請求をされてもおかしくないと云うことなのです。

 

 

 

 
最高級松阪牛ステーキのお取り寄せ
【送料無料】の松阪牛ギフト券

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>