スポンサーリンク

 

 

担当医、リスクについて説明不十分を認める

 

 

 

 

群大病院(前橋市)は8日、50代男性の頚椎を金具で固定する手術をした際、過って脊髄を圧迫し、右手足の麻痺などが残ったと発表しました。

 

 

また、同病院では腹腔鏡による肝臓手術などで患者が死亡する事故が相次いだため、改善策として術前説明の徹底やカルテの詳細な書き方を決めていましたが、この男性の手術については守られていなかったと云うことです。

 

 

同病院によると、男性は首の骨が変形するなどして神経が圧迫され、歩行困難や手の筋力の低下などの症状があったのです。

 

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!
容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは『ヘテムル』


 

 

 

 

昨年11月の手術の際、担当医師が一部の金具の挿し込む位置を間違え、脊髄を圧迫、現在も人工呼吸器が必要な状態で、回復するかどうかの判断は1年ほど経過を見る必要があると云うのです。

 

 

院内の事故調査委員会が調査した結果、麻痺などの症状は手術による神経障害によるものとされました

 

 

手術の安全性を高める準備や、患者への事前説明が不十分だったということが分かりました。

 

 

旧第二外科で手術を受けた患者が相次いで死亡した問題を受け、患者への十分な説明と記録を残すことを周知していたということですが、今回のケースでは十分に行われていなかったということを、同病院が記者会見で明らかにしました。

 

 

病院は男性に謝罪し、今後、保証を含めて対応を進めるとのことです。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ』で! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

 

病院によると頚椎(けいつい)が脊髄を圧迫して運動機能が低下した男性が昨年11月に、症状の進行を止めるために整形外科で手術を受けたのです。

 

 

医療用ネジで頚椎を固定する手術を医師3人で行ったということですが、ネジの位置がずれて脊髄を圧迫したために再手術をしましたが、男性は右半身マヒになったのです。

 

 

 

学外有識者2人を入れた事故調査委員会が4月に、手術は難易度が高く、ネジを挿入する位置を複数の方法で確認するなど、出来る限り慎重に準備するべきだったとする報告書をまとめたのです。

 

 

男性への説明が不十分だったことも問題視され、担当医が男性にリスクについて充分に説明していなかったと見られています。

 

 

 
知る人ぞ知る秘法の護符販売 恋もお金も幸せひとり占め!開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」

 

 

 

 

田村遵一病院長は『信頼回復に向けて取り組む中、新たな医療事故が起きてしまい、本当に申し訳ない。患者や家族に深くお詫びし、全力で治療を尽くしていく』と謝罪しました。

 

 

県と群馬大は5月20日に医療安全体制の構築や信頼回復の方法を話し合う協議会を設置し介護を開いていたのです。

 

 

高度な医療を提供できる『特定機能病院』への早期の再承認を目指し、病院が目に見える改革を進め、県が支援することを確認したばかりだったのです。

 

 

 

 
1日5分でお肌プルップル♪
美顔器!>>エステナードソニックROSE<<

 

 

スポンサーリンク