スポンサーリンク

 

 

 

水素が出る入浴剤、国民生活センターが注意を呼び掛け

 

 

 

水素を発生するというパック型入浴剤で、けがをするケースが起きているとして、国民生活センターが7月21日に注意を呼びかけたというのです。

 

 

水素浴剤

参考写真であり本文との関連性はありません

 

 

 

 

今年5月末までの5年間で、子供がヤケドをするなどの、怪我を追った報告が7件あることが分かったのです。

 

 

入浴剤は『自宅で手軽に水素浴が楽しめる』等として市販されており、酸化カルシウム(生石灰)が水と反応して水素を放出する仕組みを利用した商品の場合、化学反応に伴い、高熱を発するため、専用のパック容器に入れて使う形になっているのです。

 

 

同センターに寄せられた報告によりますと、7歳の女児が入浴剤を浴槽内のお湯に落としてしまい、慌てて取手ですくい上げたところ、ヤケドを追う事故があったと云うことです。

 

 

また『テレビショッピングで、デトックス効果のある水素の入浴剤が紹介されていたのを見て注文した。届いた入浴剤を湯船に入れたら泡が出て、湯温より高温になり驚いた』・・・・・・・等と言った事例も有るということです。

 

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

同センターがパック型の市販品6銘柄を調べたところ、全銘柄で、湯につけてすぐに入浴剤の表面温度が90度程度の高温になり、長いもので約3分間持続していたというのです。

 

 

ケースの表面や周囲のお湯は高温に成りませんでしたが、パックを湯に入れてすぐに取り出すと、入浴剤から発生した高温の蒸気に触れたり、パックの隙間から子供の指が入って入浴剤に触れてしまうことで、やけどを負う恐れがあった事も分かりました。

 

 

このため同センターは消費者に対して、入浴剤をお湯に入れたら直接触れたり、湯に入れてた直母に取り出したりしないよう注意を呼びかけています。

 

 

販売業者に対しては、表示や商品の改善の他、効能をうたった広告なども有ったとして、医薬品医療機器等法に抵触しないよう表示を改めるように求めいていくということです。

 

 

 

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

国民生活センターは、消費者へのアドバイスと注意を下記に示しています。

 

 

☆ 水素を発生するというパック型入浴剤は湯に入れると表面が直ちに高温になり、しばらく持続します。

 

直接、入浴剤に触れないように注意しましょう。

 

 

☆ 水素を発生するというパック型入浴剤は、湯に入れた直後に取り出すと、高温の蒸気を発生します。

 

湯に入れた後は、しばらく取り出さないようにしましょう。

 

 

メーカーの使用方法をしっかり守ること、文化学反応で水素を生成している時に熱を発生しているので、最低でも5~10分以上は放置しておいたほうが無難なようです。

 

 

 

 

入浴剤より水素発生機がおすすめ

 

 

入浴剤を使うより、安心なお風呂用水素発生装置がオススメですね。

 

 

 

 

 

 

 

手軽にスイッチを入れれば簡単に高濃度の水素が発生、入浴することで皮膚から、また呼吸することで水素を吸入することが出来ます。

 

 

赤ちゃんからお年寄りまで、火傷をすること無く簡単に、充電することで長く使えます

 

 

新しい入浴スタイルを実感してみてはいかがでしょうか。

 

 
家庭用脱毛器でこの脱毛効果!クリニック仕様の家庭用脱毛器「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>