スポンサーリンク

植松容疑者、措置入院後も使用の可能性が出てきた。

 

 

相模原市緑区の障害施設「津久井やまゆり園』で19人が刺殺、26人が刺傷された事件で、元施設職員の植松聖(さとし)容疑者(26)=殺人容疑で送検=が、数年前から日常的に危険ドラッグを使用していたことが29日、捜査関係者や知人らの話で分かったということです。

 

 

今年2月に措置入院した際に、尿検査で大麻の陽性反応がでていましたが、関係者によりますと、退院後も大麻や危険ドラッグを使用していたようだ、と云うのです。

 

 

植松容疑者の複数の知人らによりますと、植松容疑者は数年前から危険ドラッグを始めていたと話し、大麻を吸っていても『きかない』と言って更に危険ドラッグを吸うこともあったとのことで、また措置入院後も大麻や危険ドラッグを使用してたということです。

 
レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、独自ドメイン【無制限】、データベース【100個まで】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 256GB!1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。


 

 

知人の20代男性は、新聞の取材の中で、『危険ドラッグを吸って車を運転した結果(意識喪失状態となり)コンビニの駐車場のど真ん中に止まったことがあった。

夜中にドラッグを吸って、朝にそのまま出勤したことも有った』と話しています。

 

 

また別の20代の知人男性は、『みんなでバーベキューした時には(ドラッグの影響)実際にはない『滑走路が見える』とも言っていた』と話しています。

 

 

また別の知人は『植松容疑者が危険ドラッグを使用する姿を何度も目撃し、勧められたことも有る』、また『5メートルぐらいの距離で出会って気づかなかったことがある、目も合わせてくれない状況で、こいつ普通じゃないと思った』等と話しています。

 

 

事件後の神奈川県警津久井署捜査本部の家宅捜索では、植松容疑者の自宅から大麻などが押収されています。

 

 
スマートフォンにも対応済みのショッピングカート【カラーミーショップ】カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>

 

植物片のようなものは、覚醒剤は大麻には見えないということですが、警察は危険ドラッグや麻薬の可能性があると見て鑑定を行うことにしているそうです。

 

 

相模原市などによりますと、植松容疑者は措置入院した際、『大麻精神病』、『薬物性精神病性障害』等と診断されていました。

 

 

これらは大麻や薬物に起因して、『妄想』や『異常行動』を起こす可能性があるとされています。

 

 

この他にも、人格の偏りなどがあると診断されていました。

 

 
女性のサプリ、PMSサポートがリニューアル!
毎月訪れる女性特有の心と体の悩みに、チェストベリーサプリメント【女性のサプリ noi Lサポート 静】


 

 

薬物問題に詳しい小森榮弁護士は『措置入院での診断は、今回の事件に結びつくほど特異なものではない』としながらも、『薬物の大量摂取や継続使用、複数の薬物を併用することなどで、もともとの疾患が悪化していった可能性もある』と、指摘しています。

 

 

覚醒剤や危険ドラッグなどを使用してきたことにより、『ヒトラーの思想が2週間前にが降りてきた』などとの妄想を抱き、ナチス・ドイツの『障害者は価値なき生命』等と決めつけ『国家的安楽死』と称して大量に殺害をした、『非人道的行為』を実行したと見られています。

 

 

植松容疑者は、専門医によって『大麻精神病』、『妄想性障害』と診断され、措置入院していましたが、その後、専門医の診察に対して『入院前の自分はおかしかった』と反省し、大麻による症状が消えたなどと診断されたため、市は措置入院の解除を決定したということです。

 

 

 
いつまでもみずみずしい体に!エクオールを補給して女性らしく
【エクオール補給サプリ noi エクオール ガニアシ】

スポンサーリンク