スポンサーリンク

タトゥー除去で、トラブル相次ぐ、除去手術の実態とは

 

 

 

若い世代を中心に、ファッションの一部としてタトゥーを入れる人が珍しくなってきました。

 

 

タトゥー・刺青

 

 

その時の感情で『カッコいいから』、『自分を変えるために誓いとして』など、様々な理由でタトゥー愛好者が増えいている一方で、実はタトゥーを消したいと思っている人も少なくないそうです。

 

 

ある統計では、タトゥーを入れた3人に1人が消したいと思っている、という結果も有るということです。

 

 

しかし、一度入れてしまったタトゥーを消すことは容易なことではありません。

 

 

一般的にタトゥーは、入れる時よりも消す時のほうが時間・費用もかかる上、タトゥー除去を行う際に傷跡を残さないのは不可能とされているそうです。

 

 

『六本木境クリニック』院長の境隆博医師は、タトゥー除去の難しさについて、次のように述べています。

 

 

境医師は年間述べ300症例を超えるタトゥー除去の治療をこなっているとのことで、タトゥー除去手術において日本屈指の技術や経験を持つドクターなのです。

 

 

タトゥー除去についての情報をネット上などで見てみると、タトゥーを消すことはそれほど難しくない印象(例:無傷でさっぱりタトゥーを消すことが出来る)を持たせていますが、それらの文言はいわば「キャッチフレーズ」に過ぎず、うのみにすることはやめておいたほうが良いそうです。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』


 

 

何故、傷跡は残るのか?

 

 

傷跡を残さずにタトゥーを除去するのは絶対に不可能だとか、実際に境医師は、無傷で消すことがどれほど無理なことであるかを裏付けるような症例を数えきれないくらい見てきたと云うことです。

 

 

それでは、傷跡を残さずにタトゥーを消すことはどうして不可能なのでしょう?

 

 

境医師は次のように解説しています。

 

 

『皮膚は、浅く薄い表皮と分厚い真皮で構成されており、タトゥーは、表皮の一番下の『基底層』よりも深い部位であるこの真皮層にまで墨を入れるのです。

 

 

 

タトゥー除去

       (参考写真であり、本文との関連性はありません)

 

 

 

肌のターンオーバーは基底層から始まっており、それ以下の部分はターンオーバーはしません。

 

其のため、基底層より深い部分に傷がつくと、必ず傷跡が残ってしまうというのが、皮膚科・美容皮膚科をはじめ、形成外科・美容外科が持つ共通の意見です。

 

おそらく、今後、どんなに医学・医療が進歩しても、全く傷を残さずに消すことは不可能であると考えています』・・・・・と云うことです。

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の 『カラーミーショップ』で! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

レーザー照射では消えない?

 

 

何故、傷跡は残るのでしょうか、タトゥーの除去で、最も手軽で後が残りにくいという印象なのがレーザー治療ですが、レーザー治療は、タトゥーにレーザーを照射することによって墨(染料)を破壊し『色を薄くしていく方法』なのですが、レーザーと相性の良い黒一色などの済が浅い部分に入っている人の場合は比較的良い結果になることとあるそうです。

 

 

しかし、レーザーを数年間に何十回受けてもタトゥーは消えず、斑(まだら)になったり、皮膚がレーザーによるヤケドによって凸凹になってしまうケースが跡を絶たないのです。

 

 

境医師は、『レーザーを繰り返すと、皮膚がヤケドをして、其の火傷によって皮膚表面の傷跡が増えてコーティングされていきます。

 

傷跡でコーティングされた皮膚はレーザーをはじくので、レーザーが墨(染料)まで届かなくなります

 

レーザーの回数を重ねれば重ねるほど皮膚は傷跡で厚くコーティングされ効果がなくなっていくのです。

 

其のためレーザー治療で「薄くなった」と思っている人はいても「消えた」と思っている人は皆無かもしれません』と話しています。

 

 

上述のように数年間で30~40回もレーザーを照射してもタトーが消えず、泥沼のような状況に陥る館jさんはゴロゴロいるそうです。

 

 

しかも、意外とご存じない方も多いそうですが、タトゥーのレーザー治療は激痛を伴うとか、レーザーでタトゥーを消そうと考えている人は高額な治療費を払い、長い年数をかけてもタトゥーは薄くなるだけで消えず、何度も激痛に耐えなければならない治療法なのです。

 

 

タトゥーを入れる前に、消すことは出来ない、一生背負っていく覚悟を持っているかなど、少し立ち止まってみてはいかがでしょうか。

 

 
格安ツアー旅行総合サイト【たびらいツアー予約】

スポンサーリンク