スポンサーリンク
若気の至り、タトゥーは消せない覚悟が必要 | Network 出来事

Network 出来事

最新の事件や情報を、わかり易く紹介

事件, 特殊詐欺, 芸能人

若気の至り、タトゥーは消せない覚悟が必要

スポンサーリンク

スポンサーリンク


タトゥー除去手術、最善の方法はタトゥーをしないこと

 

若い世代を中心に、ファッションとしてタトゥー(墨)を入れることがポピュラー化しています。

TVでは、多くのミュージシャンやダンスチームの一員などが、腕や肩足に、背中にと、これみよがしに入れていますし、サッカーや格闘技などのスポーツ選手たちにも見られるようになりました。

 

カッコいいから自分を変えたいから等の一時的感情等様々な思いで、身体にタトゥー(墨)を入れているとは思いますが、実は、タトゥー愛好者が増える一方で、タトウーを消したいという方も増えているとか、ある統計では3人に一人は消したいと思っているそうです。

其の理由として、結婚するから、、恋人が変わったから、子どもと一緒プール公衆浴場温泉に入りたい、子供の参観にノースリーブが着れない集会等での目が気になる子供に友達が出来づらいなど、就職が思うようにできないなど、生活環境が変わったことが大きな原因ではと考えられています。

 

タトウーを消すには、死ぬような痛みが伴う

タトウーを除去すぬるには、情報源としてインターネットが挙げられますが、『無傷で綺麗サッパリにタトゥーを消すことが出来る』といった文言が飛び交っていますが、タトゥー除去を年間述べ300症例を超える治療を行っている、『六本木境クリニック』院長の境隆博医師は、タトゥーは入れる時よりも消す時のほうが時間・費用がかかる上、行う際に傷跡を残さないのは不可能、と話しています。

 

レーザー照射は消えない

レーザー治療は、タトゥーにレーザーを照射する事によって墨(染料)を破壊し『色を薄くする』方法で、レーザーとの相性の良い黒一色などの墨が浅い部分に入っている人の場合は、比較的良い結果になることもあるそうです。

しかし、レーザーを数年間に何十回も受けてもタトゥーは消えず、斑になったり、皮膚がレーザーによるヤケドによって凸凹になってしまうケースが後を絶たないということです。

 

高額な治療費を払い、長い年数をかけてもタトゥーは薄くなるだけで消えず、何度も『激痛』に耐えなければならない治療法ということです。

 

スポンサーリンク


他のタトゥー(刺青・入れ墨)除去法は

☆ 切除法 : タトゥー部分の皮膚を切り取り周囲の皮膚を縫い縮める治療法

切除法でよくあるのは、『分割切除』という方法ですが、何度かに分けて少しずつタトゥーの入っている皮膚を切除する方法で、大きなタトゥーを切除する際にはよく行われているそうです。

 

しかし、回を重ねるたびに皮膚が固くなったり、縫い合わせた時に引き連れが強くなるため、強い痛みしびれなどの後遺症に苦しんだり、タトゥーよりも目立つ赤黒い傷跡となってしまい、切除が終わる前に治療を諦めざる得なくなる患者さんも多いそうです。

 

☆ 植皮法 : タトゥー部分の皮膚を切り取るか削り取り、太ももなど別の部位から削り取るか切り取った皮膚を移植する治療法

太ももなど別の部位から、皮膚を削り取るか切り取って採取し、タトゥーの部位を切り取るか削りとった後に移植しする方法であるため、タトゥーの部分以外にも大きな傷跡を残すことになります。

 

また、植皮という手技は、植えた皮膚と通常の皮膚との境界線が必ず目立つとか、また一度で済めばよいのですが、植皮した皮膚が生着しないで溶けたり腐ったりすることも、そうなると皮膚を採取した場所の傷跡がどんどん増えてしまうそうです。

これを防ぐために『メッシュ植皮術』という方法が用いられ、これを行うと生着率が90%以上と高くなりますが、文字通り皮膚がメッシュ状やうろこ状にも表現される独特の幾何学模様になるということです。

 

☆ 削皮法 : 皮膚に刻まれている墨を削り取る治療法

削皮法は、墨の入った皮膚を薄く削り取る方法で、削皮は理想的な深さで丁寧に行うと、タトゥーが除去できるのに傷跡が比較的目立ちにくいことが多く、大きなタトゥーには最もおすすめできると云うことです。

しかし、削皮は非常に難しい手術で、ミクロ単位の深さまで削ることが必要だとか、削り足りないとタトゥーが残ってしまうそうです。

 

削りすぎた場合はケロイド状になり、やり直しが一切利かないとのことで、ほんの僅かでも深く削り過ぎると傷がなかなか治らない傷跡がケロイド状になり、かゆい痛いしびれる腕が曲がらない手が動かないなど様々なトラブルが実際に起きているそうです。

境先生は、傷跡を全く残さずにタトゥーを消すことは不可能であり、そういう意味で言うとタトゥー除去治療でもっともよい方法は、そもそも『タトゥーを入れないこと、そしてタトゥーを取らずにそのままにしておくこと』だと話すと共に、『タトゥー除去治療の方は、この点をよく理解していただいきたと思います』と、指摘しています。

 

 

もし、どうしても治療を受けたい』という場合は、ケースにもよりますが、技術や経験が豊富な医師を選び削皮を受けるのがオススメであり、それ以外の治療法は、タトゥーが薄くなるだけで消えなかったり、後遺症や傷跡に苦しむことが多くおすすめでいないように感じます。

いずれを選ぶにしても、手術は全くと言っていいほどやり直しが聞きませんので、充分に検討してから決めるようにしましょう。

 

お得な情報
LALA SLIM NIGHT(ララスリムナイト)下半身の悩み』に特化して作られたのがララスリム



まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバーHETEML

アトケアプロお子様から大人までの肌トラブルのつらい症状をサポートするために開発されたサプリメント

スポンサーリンク


<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。