スポンサーリンク

リオ五輪、女子100メートルバタフライ4位の陳欣怡(Chen Xinyi)に薬物使用の疑い

 

 

 

リオデジャネイロオリンピック開催前に、WADAが示したロシア選手ドーピング問題ですが、どうやら他国にもドーピングの嵐が吹き荒れているようなのです。

 

 

 

リオ五輪

 

 

 

リオデジャネイロオリンピックのドーピング検査で、中国競泳選手の陳欣怡(Chen Xinyi)に陽性反応を示したということです。

 

 

中国国営の新華社通信が11日、同国水泳協会(CSA) の情報を引用する形で報じたのです。

 

 

7日の検査で、使用が禁止されている利尿薬ヒドロクロロチアシド』の陽性反応が出た18歳の陳選手は、同日行われた女子100メートルのバタフライ決勝で4位に入賞しているのです。

 

 

 
体調・食習慣にお悩みなら【ハイ・ユーグレナ(ミドリムシサプリ)】食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】
 

 

 

新華社の報道によりますと、陳選手は、国際オリンピック委員会(IOC)に追加検査ヒアリングの申請を行ったということです。

 

 

利尿作用を促進するこの薬物は、ドーピンング検査で運動能力向上剤の存在を隠す『マスキング剤』として使用されているものです。

 

 

18歳の陳選手はオリンピック初出場で、12日から始まる50メートル自由形にもエントリーしており、中国協会は声明で、『この問題を深刻に受け止めており、亭にも調査には全面的に協力させる』とコメントを出しています。

スポンサーリンク

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』


 

 

 

競泳中国勢のドーピングを巡っては、大会中にオーストラリアのマック・ホートン選手が、過去にドーピング違反が有った孫楊選手を『薬物使用者』と揶揄し、中国側が謝罪を要求する騒動があったのです。

 

 

オーストラリアが南シナ海問題で、中国と対立していることが影響している背景にあるのでは、と見られています。

 

 

同日、ブルガリアの女子陸上選手、シルビア・ダネコヴァもドーピング検査で陽性反応を示したことが、同国テレビで伝えられました。

 

 

持久力を向上させる、造血剤のエリスロポエチン(EPO)だったということです。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

ドーピングを巡っては、リオデジャネイロオリンピックの競泳男子でオリンピックの通算金メダル数を22個に伸ばしたマイケル・フェルプス選手(アメリカ)の体に浮き上がる青紫色の丸いアザが注目を集めていました。

 

 

日本や中国、東南アジアなどでは日常的に行われていカッピング(吸玉)療法の跡なのですが、欧米などでは馴染みが薄く、ロシアに至ってはドーピングと同一視して言いがかりをつけているということです。

 

 

ドーピング問題に敏感になってい各国のスポーツ団体ですが、正体を知っている者にとっては笑うしか無いのかも知れません。

 

 

 
格安ツアー旅行総合サイト【たびらいツアー予約】

 

スポンサーリンク