スポンサーリンク

休暇中に地方で働く『ふるさとワーキングホリデー』制度、分かりづらいとの声も

 

 

総務省が、都市部の若者が長期休暇を利用して、地方で働く『ふるさとワーキングホリデー』制度を2017年にスタートする、とマスコミ各社が報道しました。

 

 

ネット上では『休暇に働くってどういうこと?』、『訳がわからないよ』との声が上がり、物議を醸しているのです。

 

 

報道によりますと『ふるさとワーキングホリデー』は、都市部在住の若者が長期休暇をとって、1周間~1ヶ月ほど地方の製造業、農業などに従事するという制度で有るということです。

 

 

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

人口減が進む地方の人手不足解消や消費の押し上げ移住促進などの狙いが有るとされています。

 

 

これに対してネット上では、『休暇に働くというのは矛盾』、『労働力を安く使おうとしているだけでは』と、批判の声が挙がったのです。

 

 

田舎暮らしを体験できる制度として受け入れている人もいますが、若者へのデメリットを主張する声が大きいようなのです。

 

 

また、本来のワーキングホリデーは休暇を楽しむことがメインであり、労働は其の賃金を得る補助的位置づけだとする指摘もあるというのです。

 

 

『ふるさとワークングホリデー』は働くことに重点が置かれており、そもそも趣旨が異なるとしています。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』


 

 

 

 

総務省の担当者は、実際の内容と報道は一部異なるとのことで、例えば、滞在期間は仕事の内容、受け入れ側の移行によって変わる可能性があり、現段階で同省が断言することは出来ないそうです。

 

 

まだ話が決まったばかりの先行先走りで、分からないことが多いというのが、どうやら実情のようです。

 

 

『将来的には報道が有ったように人手不足解消、移住促進などの効果が見込めるかも知れない」としつつも、『現在はそこまで考えていない。都市部の学生が地域の人々と交流したり、職業体験したりする、国内版ワーキングホリデーのスタートアップ支援するのが目的』・・・・・だと解説しています。

 

 

 
体調・食習慣にお悩みなら【ハイ・ユーグレナ(ミドリムシサプリ)】食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】
 

 

 

各地方自治体でも、田舎暮らしへの勧誘を推進しており、就職斡旋から住居提供安く購入できるシステム子育て支援などを全面的に出し若者の流出を防ぎ、若い夫婦の受け入れ応援を促進しているのです。

 

 

過疎化していく地方市町村、人手不足より都会への憧れから若者の流出が大きく影響していると見られ、また農・酪業などの休日の少ない作業から離れていってしまっている。

 

 

現在市町村やJA,青年会議所などが中心となり、休日が取れるような形態を推進し、若者たちの交流会や、インターネットを利用した情報の発信などを行っています。

 

 

 
1秒で水素水!ドリップ式水素水タンブラー。1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】

 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>