スポンサーリンク

DV発端、加害者へ相次ぐ死刑判決

 

 

DVとは、配偶者や交際相手からの暴力を意味する『ドメスティックバイオレンス』の略語です。

 

 

被害者保護のためのDV防止法が2011年に施行され、裁判所は加害者に対して、『つきまとい』などを禁じる『保護命令』が出せるようになりました。

 

 

警察庁によりますと、15年に全国の警察が把握したDV被害は6万3141件で、同法施工後最多を更新したのです。

 

 

また、2万1968件のストカー被害のうち、加害者の約6割配偶者交際相手だったということです。

 

 

 
【送料無料】初回500円(税抜)のみ!『すっぽんスリム酵素 』アミノ酸が豊富な国産高級品すっぽん使用!『すっぽんスリム酵素 』

 

 

 

DV裁判で最高裁が6~7月、殺人事件で男3人の死刑判決が相次いで申し渡されました。

 

 

いずれも交際相手への暴力(DV)が発端となり、相手の家族が狙われたのです。

 

 

専門家は、『DV加害者を内面から変えるプログラムの制度化が必要だ』と提言しています。

 

 

3人は、宮城県市石巻市で2人を殺害した千葉悠太郎(25)、山形市と東京都で3人を殺害した浅山克己(50)、長野県西海市で2人を殺害した筒井郷太(31)の各死刑囚で、事件は2010年~11年に発生しました。

 

 

確定判決によりますと、3人はいずれも同居中の交際相手に暴行し、逃げた相手を連れ戻すため実家を訪れ、その場にいた家族らを殺害したのです。

 

 

事件前に、交際相手らに脅迫的なメールを送るなどストーカー行為も行っていました。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

スポンサーリンク

 

DV加害者の男性に教育プログラムを実施する『アウェア』(東京都)の山口のり子代表(66)は、『加害者は被害者が離れることを受け入れられず、助け出そうとする家族らを敵と考えて攻撃する』と指摘しています。

 

 

アウェアは02年に設立され、これまでに約750人が参加、『DVは愛情を理由に暴力を認めるなど間違った価値観に基づいており、其の点を気づかせて変えることが目的で、加害者対応は被害者支援と合わせた「車の両輪」だ』と強調しています。

 

 

同様の取り組みは、全国10箇所以上で実施されているとのことですが、参加はあくまで任意であるとのことです。

 

 

千葉大の後藤弘子教授(刑事政策)は、「裁判所が加害者にプログラムへの参加を命令できる仕組みが必要」と話していますが、海外では米カリフォルニア州などで、こうした仕組みが導入されているそうです。

 

 

後藤教授は、『DVで人が死ぬ可能性がある。国や社会はもっと深刻に受け止め、加害者を放置している状況を改めるべきだ』と訴えています。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料のカラーミーショップで!カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

東京小金井市で、女子大生で女性アイドルの冨田真由さんが東京小金井市のイベント会場で27歳のファン(男)にナイフで刺され重体となった事件がありました。

 

 

小金井署の調べで男は、『殺すつもりだった。ナイフは事前に用意した』、『冨田さんのファンで以前プレゼントを渡したが送り返され憤慨した』などと供述しています。

 

 

男は、小金井市のイベント会場入り口で、冨田さんの首や胸など20箇所以上を刃渡り8.2センチの折りたたみナイフで刺した疑いで現行犯逮捕され、殺人未遂と銃刀法違反の容疑で送検されました。

 

 

 
大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安100GB、マルチドメインやMySQLが無制限。CGI・PHP高速化機能搭載【X2】

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>