スポンサーリンク

うつ病発症は、過重労働が原因か?

 

 

過重労働のが原因で鬱病を発症したのに不当に解雇されたとして、東芝(東京都港区)社員の重光由美さん(50)が同社に約1億円の損害賠償を求めていた訴訟の差し戻し後の控訴審判決が31日、東京高裁でありました。

 

 

奥田雅章裁判長は、差し戻し前の高裁判決が認めた賠償額を減額し、東芝に約6千万円の支払いを命じたのです。

 

 

判決文によりますと、埼玉県深谷市の工場で働いていた重光さんは、2001年にうつ病を発症して休職し、04年に解雇されたと云うのです。

 

 

重光さんが訴えた解雇無効については、差し戻し前の11年の高裁判決で確定していましたが、ただ、高裁判決は、重光さんがうつ病発症を同社に申告していなかったことなどを理由に、賠償額の2割を減額したのです。

 

 

賠償額を巡る争いで、最高裁は14年にこの高裁判決を破棄し、改めて賠償額を判断するよう審理を差し戻していました。

 

 

 
使い続けてシミ・シワが消える?高級馬プラセンタ・セラミド【お試し】高級プラセンタとセラミド2週間分が1,080円
 

 

 

この日の判決は、重光さんの落ち度を理由とする減額を認めませんでした。

 

 

2009年に『労働災害だ』と裁判で認定されましたが、2014年には最高裁で『解雇は無効』という判決が出て確定していました。

 

 

ただ、損害賠償の計算部分については問題が有ったとして、東京高裁に差し戻されていたのです。

 

 

判決文などによりますと、重光さんは1990年に東芝に技術職の正社員として入社し、主にディスプレイの生産に携わってきたと云うことです。

 

 

過労でうつ病になったのは2001年、其の前年には、液晶ディスプレイの製造工場での開発プロジェクトに従事し、過労死ライン(月80時間の時間外労働)を超えて働いていたそうです。

 

 

其の職場でが2001年に自殺者が2人出ており、1人は労災認定されたという事が分かりました。

 

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

重光さんは判決後の記者会見で、『過重労働やパワハラで被災した当事者の苦痛が低く見積もられている部分が有り、それが非常に残念です』。

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

 

その上で、要求が認められた部分は『画期的な判決となったことを評価したい』・・・・・・と、述べています。

 

 

しかし、裁判では解決されなかった問題が、それは職場復帰です。

 

 

最高裁で『解雇無効』になったものの、東芝との『和解協議』が決裂しているからなのですが、重光さんは、『私は技術者としての復帰は無理だから、出来ればメンタルヘルスに係る仕事がしたい、と希望したのですが、東芝は勤務したこともなく土地勘も全く無い研究所を指定してきました。

 

技術者としての復帰は無理だ、と言っているにも関わらずです』

 

 

『私にとって、トラウマの強い会社に復帰することは大変な困難を伴います。

 

東芝ほどの大企業では、メンタル疾患を患った社員が復帰する場所として、もっと適切な場所や業務がいくらでも有るはずです。

 

東芝には復帰場所は何故其の研究所なのかと度々質問しましたが、其の研究所が最適だと一点張りで、納得の行く説明はありませんでした』

 

 

重光さんが技術者として復帰できない理由は、会社に対する恐怖心が残っていることが大きいというのです。

 

 

 
カラーミーショップは無料電話サポート付き オンラインストアの開設は、お試し無料のカラーミーショップ で!

 

 

 

裁判に一区切りがついたので、今後は会社との話し合いの場を作っていきたい、と話しています。

 

 

精神疾患による労災認定は1995年には1件しかなかったということですが、2015年には472件に増え、労災申請も同じ時期に13件から1515件と激増しているのです。

 

 

なお東芝広報は、『判決を重く受け止め、其の内容を十分に確認したうえで、適切に対応していきたと考えております』とのコメントを出しています。

 

 

門外漢にとっては、どれが双方にとって最良の職場復帰なのかは解り兼ねるが、社会の通常的観念で押し通すのか、それともメンタル疾患を真摯に捉え今後のためにも改善への道を切り開くのかが問われます。

 

 

これは東芝だけの問題ではなく、同じような問題を抱える企業全般に言えることであり、また、今後のメンタルケアの指針になる可能性も有るということを知ってもらいたい。

 

 

 
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』