スポンサーリンク

50代女性の脳の手術中に『医療ミス』、意識レベル底に

 

 

神奈川県の横浜市立市民病院で、医師が女性患者の手術中に誤って血管を傷つけていたことが分かりました。

 

 

横浜市立市民病院医療ミス2

 

 

女性はその後、クモ膜下出血を発症し、現在も意識レベルは低いということです。

 

 
使い続けてシミ・シワが消える?高級馬プラセンタ・セラミド【お試し】高級プラセンタとセラミド2週間分が1,080円


 

 

 

横浜市立市民病院によりますと今年2月、脳神経外科の医師が手術中に50代の女性患者の血管を誤って傷つけてしまったと云うのです。

 

 

女性患者はこれが原因で手術の2週間後にクモ膜下出血を発症し、現在も意識レベルは低く、呼び掛けに反応する程度だという。

 

 

病院は医師には十分な技術は有ったため、ミスで血管を傷つけた医療ミスと判断したということで、今後、再発防止のため、目に見える形で医療技術を向上させたいとしています。

 

 

医療事故は、今年2月に女性患者の脳の手術が行われた際、誤って血管を切るという医療ミスでした。

 

 

女性は現在、呼び掛けには反応し、容体は安定しているということです。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!カラーミーショップは無料電話サポート付き


 

 

横浜市によりますと、ことし2月、横浜市立市民病院で50代の女性の脳の血管の手術が行われた際、男性の医師が血管を手術器具で切ったということです。

 

 

 

横浜市立市民病院医療ミス

 

 

 

その場で止血処置などが行われたということですが、手術の2週間後に女性は、クモ膜下出血を起こしたということです。

 

 

病院が設置した外部の有識者による調査委員会が原因を調べた結果、医師には十分な技術は有ったものの、ミスで血管を傷つけた医療ミスと判断したということです。

 

 

横浜市立市民病院の石原淳病院長は『患者さんや、ご家族の皆様に深くお詫び申し上げます。

 

医師の技術研修を行うなど再発防止に努めたい』とのコメントを出しています。

 

 

 
WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル』企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

外部有識者などににおける第三者委員会の判断は、医師には高度の医療技術があったということで、医療ミスであるとの判断を示したのです。

 

 

隠蔽体質が見え隠れする医療界で、今回の判断は医師個人の技術の領域を見極めて結論を出している点は、大きいと思われます。

 

 

ただ、医師が技術を判断されたことにより、専門技術の萎縮があってはならないことであり、患者のためにもなりません。

 

 

より細分化されていく医療、其のため専門職医が確実に育ってきているのも確かなのです。

 

 

医療事故を無くすためにも、様々な角度から分析し改善をしてほしいものです。

 

 
体調・食習慣にお悩みなら【ハイ・ユーグレナ(ミドリムシサプリ)】食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】


 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>