スポンサーリンク

要介護5の女性に暴力、家族が隠しカメラで撮影

 

 

三重県四日市市西大鐘町の特別養護老人ホーム『四日市諧朋園(かいほうえん)で、50代の女性介護職員が入所者の80代の女性に、暴言を吐きながら平手打ちをするなどの虐待を繰り返していたことが分かりました。

 

施設を運営する社会福祉法人『宏育会』理事の村中正敏施設長が9月30日に『暴力行為が有ったことは間違いない。利用者には申し訳ない』と、謝罪をしたということです。

 

施設や市介護高齢福祉課、県長寿介護課などによりますと、職員は7~9月の夜勤中、1人部屋に入居する女性に対して、『早く死んだらええやん』などと言いながら顔を平手打ちしたり、枕で顔を殴ったり、顔に布団のシーツをかぶせたりするなどの虐待を繰り返していたというのです。

 

女性は要介護5の重度の寝たきりで意思の疎通も難しいとのことですが、暴力によるケガはなかったそうです。

 

入所者の女性の長男が9月初旬に、暴行などの場面が写った30秒から1分前後の動画約15本を、市と県警四日市北署に持ち込み、事件が発覚しました。

 

長男が虐待を疑い、自ら部屋にカメラを設置して撮影したということです。

 

 
(>_<)幸せになりたい!占いで悩み解決☆全ての悩みを全国各地の有名占い師達が解決!【電話占いヴェルニ】

 

 

市は9月8日に顕に報告するとともに、翌日、施設に調査を要請しました。

 

県や市によりますと、職員は事実を認めた上で、『夜勤のストレスが合った』と話しているということで、同施設は同17日付で職員を懲戒解雇しました。

 

施設には約100人が入所していますが、他の被害者は確認されていないということです。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

介護職員による虐待件数が増加

 

 

厚生労働省が今年2月に発表した、介護施設や居宅サービスの職員による高齢者虐待が2014年度に300件(前年度比35.7%増)有ったことを報告、06年度の調査開始以来9年連続で最多を更新したと云うことになったのです。

 

特に12年度の155件から2年間でほぼ倍になり、急増ぶりが際立つ結果となったのです。

 

被害者の7.3%は認知症で生活に支障がある人が殆どでした。

 

虐待した要因(複数回答)で最も多かったのは職員の業務に対する理解不足など、『教育・知識・介護技術等に関する問題』で62.6%、次いで『職員のストレスや感情コントロールの問題』で20.4%だったのです。

 

厳しい労働環境で職員の入れ替わりが激しく、経験ある職員が育ちにくくなっていると見られています。

 

 

 
スマートフォンにも対応済みのショッピングカート【カラーミーショップ】カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

高齢者への虐待を巡っては、入居者3人が相次いで転落した川崎市幸区の有料老人ホームで職員による入居者への暴行や暴言、長時間の放置などが明らかになりました。

 

『人員不足で職員が疲れ切っている』、『教育を現場まで徹底させることが時間的に厳しい』など、全国有料老人ホーム協会など4団体ででつくる『高齢者住まい事業者団体連合会』(高住連)が実施したアンケートには、介護現場で働く人たちの悲痛な声が寄せられたとのことで、職員による高齢者への虐待の背景に、厳しい職場環境があるとの指摘も出ているのです。

 

とは言え、職員による入居者への暴力や暴言が許されるものではなく、施設を運営する法人などは一層の改善努力を推進してほしいものです。

 

 

 

關山整体自然波動療法研究所が実証した、簡単セルフ整体『2分で肩がスッキリ』

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>