スポンサーリンク

禁煙治療病院保険適用条件は敷地内全面禁煙

 

 

禁煙外来を設けている島根県江津市の済生会総合病院(300床)が、職員らが敷地内で喫煙していたため禁煙外来の保険適用が認められなくなったとして、4年半分の診療報酬を返すことを決めたということです。

 

 

%e7%a6%81%e7%85%99

 

 

なお、同病院での禁煙外来は9月27から休診をしています。

 

病院の発表によりますと、8月下旬の厚生労働省中国四国厚生局の調査で、複数の職員が裏口などで喫煙していることを確認したというのです。

 

 
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML』企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

禁煙治療で病院が保険適用を受けるには、敷地内での全面禁煙が条件で、厚生局は禁煙外来の診療報酬請求辞退と、過去に受領した診療報酬の自主返還を指導したということです。

 

病院の聞き取り調査の結果、病院が現地に移転した2006年から全面禁煙にしていたのに、職員が主に病棟裏にある救急搬送口などで喫煙していたことが判明したのです。

 

吸い殻が入ったペットボトルも見つかったということで、過去にも職員の喫煙を患者からの通報で知り、院内会議などで禁煙を周知し、張り紙などの院内報で注意喚起したことが複数回有ったということです。

 

 
ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!【カラーミーショップ 】カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

禁煙外来の診療報酬の請求で、敷地内の全面禁煙が条件に加わったのが12年4月からで、病院は今年9月までに受け取った診療報酬を保険者の国民健康保険組合等に自主返還する方針です。

 

禁煙外来以外の診療でも、全面禁煙が保険適用の条件になっているため、返還額を調べているそうです。

 

安食治外(あじきはると)事務局長は『指導を重く受け止めている。病院が禁煙に取り組むのは社会的責任で、職員が一丸となって禁煙に取り組みたい』とのコメントを出しています。

 

 
抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro]

 

 

私事ですが、家族が喘息持ちで、夜間診療を受診した際に、夜間診療待合室のソファーの上に換気吹き出し口があったのです。

 

夜間勤務職員の方の仮眠室の部屋の排気が喘息の家族に直接上から受けることに、看護師や医師が同じ部屋から出てきて診療をするのですが、煙草の煙が排気口から出てくるのです。

 

喘息治療(経口吸入)後ソファーで会計を待つのですが、またしても煙草の煙が頭上から吹き出てきて、家族は喘息が出てしまったのです。

 

看護師や医師は、おかしい?と首を傾げるのですが、私は頭上を指差し『排気から煙草の煙がでています。改善して下さい』、と指摘したことがありました。

 

その後、病院から手紙をいただき、改善の報告を受けけましたが、その病院には再度の受診をしていません。

 

 
『ブライダルエステ』結婚を迎える花嫁さん、へエルセーヌ『ブライダルコース』ご結婚・挙式を応援 エステ体験の予約

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>