スポンサーリンク

JARSRAC、ミクシィーのつぶやきからも徴収?

 

 

日本音楽著作権協会(JARSRAC)が音楽教室での演奏に対して、著作権料を徴収することに対して、歌手の宇多田ヒカル(34)さんが4日、『私の曲は無料で使ってほしい!』とツイッターに投稿したという事です。

 

宇多田ヒカルさん:参考写真であり、本文との関連性はありません

 

著作権料徴収の動きを報じる記事を引用し、『もし学校で私の曲を使いたっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんて気にしないで』・・・・等と綴ったのです。

 

音楽教室からの徴収を巡っては、人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌【残酷な天使のテーゼ】の作詞を手掛けた及川眠子さんもこの日までに『音楽教室で「練習のため」に引いたり歌ったりするものから、使用料を貰いたいと思ったことはない』等とツイートしています。

 

また、国際コンクールで多くの受賞歴が有るピアニスト・坂本真由美さんやTV朝日『タモリ倶楽部』の人気コーナー『空耳アワー』などに出演している音楽評論家・萩原健太氏ら複数の音楽関係者が反対の声を上げているそうです。

 

 

今回の宇多田さんのツイートに関して、著作権に詳しい福井健策弁護士は『楽曲の著作権は、管理団体に債権譲渡した時点で、作者も自由に出来ない』と話し、『「著作権料はいらない」と宣言しても徴収される』・・・・・と指摘しています。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

JARSRACは2日に、来年1月から音楽教室での演奏から著作権使用料を徴収する方針を発表しました。

 

今年7月までに、『使用料規定』を文化庁に届ける方針を決めています。

 

これに対して、音楽教室を運営するヤマハ音楽振興会などは3日に「音楽教育を守る会』を発足、『演奏権が及ぶのは公衆に聞かせるための演奏であり、教室での練習や指導のための演奏は該当しない』・・・・・と、徴収の動きに対応していくと発表しました。

 

JARSRAC側は、教室での生徒は『公衆の一部に該当する』としているそうです。

 

前述の福井弁護士によりますと、教室での演奏が『公衆に聞かせるための演奏』に当たるかかは『微妙な線』ということで、レッスン料の上昇や、生徒減少に繋がる可能性も有ると指摘しています。

 

インターネット上でも『音楽文化の裾野画の衰退につながるのではないか?・・・・・・』等と疑問の声が上がっているそうです。

 

 
泡立て不要!デリケートゾーンの泡パックに【ドルチェローズ ジャウム 泡ウォッシュ】


 

 

 

ミクシィー内のつぶやきでも

 

国内大手SNSのMixi(ミクシィー)ないでも、昨年から楽曲の歌詞を含む一部ユーザーの書き込みに対して、削除または非表示の対応を取るよう求める告知分を公式サイト上に掲載しました。

 

ミクシィ広報担当者は、日本音楽著作権協会=JARSRACから『歌詞を無断で利用している書き込みがある』と通告されたことを受けた対応と説明しています。

 

特に歌詞などは、『ワンーフレーズくらいなら大丈夫だろう』、などと思っている方もいるのではないでしょうか、実は『サワリ部分』と言われる曲を連想させる歌詞でも、著作権料は発生しているそうです。

 

 
【カラーミーショップ】なら、月額900円~で申し込んだその日にショップオーナーに!しかも「.com」「.net」の独自ドメインが無料!

脚痩せ・むくみ・保湿・冷え性に!7種の天然オイルをたっぷり配合したマッサージバーム★するるのうるおいる