スポンサーリンク

ガン予防や免疫力が上がる等、医薬効能を宣伝

 

飲めばガンの予防や免疫力が上がるとうたって、『いき水』と称した商品を販売したなどとして、警視庁は、販売会社社長の大場秀樹容疑者(65)=埼玉県入間市=を医薬品医療機器法(旧薬事法)違反{承認前の医薬品の抗告禁止}違反の疑いで逮捕したと24日に発表しました。

 

 

 

 

生活環境課によりますと、逮捕容疑は昨年1~10月にかけて、インターネットのホームページ上で、厚生労働省の承認を受けていないのに、いき水が『白血球を活性化させる』等と医薬的効能があるようにうたって販売していたという事です。

 

大場容疑者は、20ml入りのいき水5本セットを1万2500円で販売していました。

 

いき水には、海藻などに含まれるフコイダンが入っていると宣伝し、がん治療中だった大葉容疑者の母親が、『いき水を飲んで余命より遥か長く生きた』とホームページで紹介していたそうです。

 

 
【カラーミーショップ】なら、月額900円~で申し込んだその日にショップオーナーに!しかも「.com」「.net」の独自ドメインが無料!

 

 


 

ホームページの紹介文

無味無臭。無色透明のフコイダンを

本来、同僚のフコイダンを摂取するには大量の海藻類を食べ続ける必要があります。

そこで生み出されたフコイダン製品、でも従来のフコイダン製品は独特の癖やとろみ臭があり、決して飲みやすいものとはいえませんでした。

スポンサーリンク

そんな三重苦を解消した軌跡のフコイダンが『いき水』なのです。

貴重なメカブ由来フコイダンを贅沢に使用した『いき水』

余計なものを覗いた貴重なメカブ由来のフコイダンのみを濃縮・・・云々

 


 

 
泡立て不要!デリケートゾーンの泡パックに【ドルチェローズ ジャウム 泡ウォッシュ】


 

同課によりますと、実際は大場容疑者が何処かで購入した液体を薄めたもので、製造を委託された業者は『成分の99.89%は水』と証言しているということです。

 

大場容疑者は、去年1月ごろからインターネット上で医薬品として承認されていない『いき水』を販売していましたが、ホームページ上で『海藻のぬめりに含まれる貴重な成分を濃縮』、『がんが小さくなった』等とうたっていたのです。

 

しかし、実際の成分は水が99.89%、クエン酸が0.01%などでした。

 

警視庁の鑑定では、何が含まれているか分からなかっったとのことですが、同容疑者は2012年~16年までに1600人の顧客に1万7千本を販売し、2千万円の利益を得ていたと見られています。

 

大場容疑者は容疑を認めているということですが、『広告通り、効果はある』などと話しているとのことです。

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>