スポンサーリンク

続くイジメによる自殺、教訓生かされず

 

仙台市教育委員会が29日、青葉区の市立中2年の男子生徒(13)が26日に自殺したと、正式に発表しました。

学校や市教委が昨年実施したイジメに関するアンケートで、男子生徒が『無視される』、『物を投げつけられる』等と訴えていたことも明らかにしたという事です。

 

イジメと自殺との関連は不明としていますが、学校と市教委は他の生徒らへの聞き取りやアンケートを実施し、男子生徒の学校での樣子やイジメの有無を詳しく調べる方針だそうです。

大越裕光教育長や校長らが市役所で記者会見を行い、市教委によりますと男子生徒は26日午前10時15分頃、自宅近くのマンションから飛び降り、死亡したという事です。

1時限目の授業後、上履きのまま郊外に出たと見られ、マンション近くのアパート駐車場に制服の上着と生徒手帳子が残されていたそうですが、遺書は見つかっていないということです。

 

イジメに関するアンケートは、全校生徒を対象に昨年6月と11月に2回実施され、当時中1だった男子生徒は『冷やかしや悪口、無視される』、『モノを投げられる』等と回答していました。

その後、学校による同級生男子6人への聞き取りで『臭い』、『バカ』と言った男子生徒に対する悪口が確認されましたが、校長は会見で『お互いに悪口を言い合う状態で、双方を指導して解消した』と、強調したそうです。

スポンサーリンク

 

校長の話によりますと、男子生徒は殆ど欠席もなく、26日も普段と変わらず登校していたとの事ですが、自殺の事実は28日に全校放送で生徒に報告し、保護者向けの説明会は5月1日夜に行うとのことです。

市内の中学校では2014年9月、泉区の館中1年の男子生徒(当時12)がイジメを苦に自殺しています。

16年2月にも、同区の南中山中で2年の男子生徒(当時14)が自殺しており、市教委の第三者委員会が『イジメによる精神的苦痛が自殺の一因』と結論づけたのです。

 

大越教育長は相次ぐ自殺に、『自死予防教育をスタートする矢先だっただけに残念で成らない、痛恨で言葉を失っている。今後、何をすべきか、この場で答えを持ち合わせていない。自殺につながらないよう、さらに対策を打ち出さなければならない』等と語っています。

遺族は市教委を通じて『家族の現在の願いは、大切に育ててきた息子を安らかに見送ること』とのコメントを出しました。

 

市内の中学生の自殺はここ3年で3人目という緊急事態に、市教委は自殺予防に注力してきたということですが、教訓はまたも生かされませんでした。

 
恋する素肌を目指して【心花の彩(ときめきのいろどり)】

使って実感!大好評の手汗対策クリーム TESRAN

アフリカンマンゴー&ベリーダイエットサポートサプリ!『フルベリ』

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>