スポンサーリンク

表に出ない『パワハラ上司』による強制サービス残業

 

厚生労働省が10日、違法な長時間労働や賃金未払い、最低賃金法違反など、労働基準関係法令に違反した疑いで書類送検された企業334件を、同省のHP上に一覧表にして公開しました。

いわゆるブラック企業の公表ですが、この中には電通なども含まれております。

しかし、表向きは『ホワイト企業』であっても、酷い働い方を強いる企業も有るというのです。

藤田結子・明治大学商学部教授(社会学)が、20代男性たちに入社1年目の経験を聞き取ったところ、いわゆるブラック企業でなくとも、過酷な働き方をさせられている実態の声が上がってきた、と云う事です。

 

社員の声に耳を傾けて

 

☆深夜1時まで無意味な残業・・・・?

東京に本社が有る大企業に正社員として就職したAさん(20代)、1年目は支店に配属されたのですが、彼は上司の指示で毎朝7時頃には出勤し、オフィスの掃除をしているそうです。

毎日の帰宅時間も遅く、サービス残業で深夜1時頃まで職場に、月の残業時間は軽く100時間を超えるといいます。

とはいっても、新人のAさんに特別な仕事が有るわけではなく、上司が帰らせてくれないので、暇つぶしにパソコンに向かって付き合い残業をしているだけなのだとか。

長時間労働なので余暇が少なく、また移動がなく、同じ部署に長くいる可能性も有るため、この生活がいつまで続くのかわからず、将来の見通を立てられないそうです。

 

☆パワハラは『指導』、セクハラは『文化』・・・・?

Bさんは有名大企業に正社員として就職しましたが、入社当初の研修で失敗し、人事部に目をつけられてしまったというのです。

その結果、『パワハラ四天王』と呼ばれる男性上司が居る営業所に配属されたということです。

 

『パワハラ上司』は毎日、数十人いる社員たちの前で、Bさんを大声怒鳴りつけるのだとか、上司は仕事のやり方を教えもしないのに『〇〇も出来ないのか!』、『〇〇しろって言ってんだろうが!』と大声で恫喝するというのです。

その上、仕事の内容以外にも、Bさんを他の社員と比較して『お前はだめなやつだ』、『ヘラヘラしやがって』と、人格を否定するような言葉で繰り返し叱責するそうです。

Bさんはストレスが溜まり、うつ状態に陥り1年目の夏に転職を考えたそうですが、将来編んてして暮らせしていけそうな転職先が見つからず、毎日耐えるしかないそうです。

スポンサーリンク

 

Cさんはも任期の大企業に正社員として就職しましたが、配属された部署では毎日、夜遅くまで取引先との飲み会が有るというのです。

どんなに疲れていても帰れず、飲み会後に会社に戻って仕事をすることもあるそうです。

Bさんはある時、仕事の飲み会の席で下半身裸になって『芸』をするよう強要されたというのです。

とても恥ずかしいと感じましたが、職場の先輩たちに『嫌だ』といえない状況で、泣く泣く云うとおりにしたのだとか、Bさんは入社して半年後には仕事は辛いと感じ、自身も失い始めたとのことです。

 

企業の間違った働かせ方や文化の改革が必要

BさんやCさんの上司たちは、人前で人格を批判することを『指導』、裸にすることを『文化』だと信じているようなのですが、それは紛れもないパワハラ・セクハラなのです。

Aさん、Bさん、Cさんの働いている企業は『ブラック企業』のレッテルが張られていない、イメージの良い大企業だとか、3社とも『子育てサポート企業』として厚労省認定を受けた『くるみんマーク』を取得しているそうです。

しかし、若手男性社員には、長時間労働や過酷な働き方をさせている実態がが見え隠れしているのです。

このような企業の働かせ方や、企業内文化が変わらなければいつまでたっても若い社員たちのワーク・ライフが良くなりません。

国や企業は若い男性たちの人生を考えて、彼らの過酷な働き方を改善すべきなのです。

本気で長時間労働を解消し、ワーク・ライフ・バランスを促進してほしいものです。

 
転職にプロの力を。信頼できる、プロと。満足できる、転職を。アイデムスマートエージェント。


薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ

システム開発エンジニア募集【大手金融、生保・損保の開発案件が8割!!】

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>