スポンサーリンク

教師の体罰発覚、自殺の原因になった可能性も

 

4月下旬に仙台市青葉区で、イジメを訴えていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がマンションから飛び降り自殺した問題で、同市教育委員会が19日開かれた市議会で、この生徒が授業中に教諭二人から、口に粘着テープを張られたり、頭をげんこつで叩かれたりするなどの体罰を受けていたことを明らかにしたのです。

拳で叩かれたのは男子生徒が亡くなる前日で、市教委は『イジメに加え体罰も自殺の原因になった可能性がある』として、識者による第三者委員会で調査する方針を固めました。

 

市教委の説明によりますと、男子生徒が自殺した前日の4月25日、授業終了の際に生徒が居眠りをしていたため、教科担当の50代の男性教諭が生徒の後頭部をげんこつで1度叩いたということです。

教諭は『眠っているのを起こそうとした』などとも話しています。

また、今年1月にも生徒が授業中うるさくしていたとして、教科担当の50代女性教諭が長さ15センチの粘着テープを口に10~15分間貼り続けていたことが分かりました。

今月18日に別の生徒の保護者から体罰について学校に連絡があり、校長が19日朝2教諭に確認したところ、男子生徒への体罰について認めたということです。

 

学校は男子生徒がイジメを訴えていたとして今月、全校アンケートを実施しています。

市教委は在校生への聞き取りで男子生徒に対する在校生からのイジメが8件あったと市議会に報告していましたが、教職員に対する聞き取りでは体罰の事実を把握できていなかったとのことで、また、この2教諭は、体罰について話していませんでした。

 

男子生徒は4月26日、自宅近くのマンションから飛び降り死亡しました。

仙台市では、平成26年9月と昨年2月にも市立中の男子生徒2人が、イジメを苦に自殺しています。

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>

大越裕光教育長は『体罰は男子生徒が亡くなる前日に起きており、それが原因の可能性が考えられる。イジメとの因果関係について調査する必要がある自殺の調査をしていた中で、自ら報告をしなかったことは全く許せない』とのコメントを出しました。

 

生徒の自殺を巡っては、市教委と学校が4月29日の記者会見で、昨年6月と11月に行われたイジメに関するアンケートに対し、亡くなった生徒が『悪口を言われたり、物を投げられたりする』と、回答していたことを説明してます。

この際、校長はいじめとの認識を示さなかったのです。

しかし今年1月には、教育長と校長がそれぞれ『いじめがあった』と認識を改めたのです。

 

昨年12月に男子生徒の机にサインペンで『死ね』と書かれていたことも、後から公表しています。

生徒へのイジメの事例は、昨年5月から今年3月までに計8例出て来ているということです。

 

何故イジメの有無で二転三転してしまうのか、さらに教諭による体罰も発覚、これでは市民も不信感を抱くのではないでしょうか、早急に第三者委員会の提言による改革が求められます。

 
健康家族の伝統にんにく卵黄

転職にプロの力を。信頼できる、プロと。満足できる、転職を。アイデムスマートエージェント

プランナーへの転職も、ブライダルから異業種への転職も、求人案件多数「ブライダル特化の転職サービス 」リクシィキャリア

スポンサーリンク