スポンサーリンク

全国500店の飲食店から1億3600万集金

 

架空のグルメイベントの開催を呼びかけ、参加希望の飲食店から出店料をだまし取ったとして警視庁は3日、詐欺容疑でイベントを企画した『大東物産』(東京都中野区)前代表の大須健弘容疑者(41)・新宿区西新宿・自称コンサルト業の田辺智昭容疑者(42)・足立区新田・ら4人を逮捕したと発表しました。

同庁捜査2課は、認否を明らかにしていません。

被害者の会弁護団などによりますと、『グルメンピック2017』の名称で全国約500の飲食店から計約1億3600万円を集めたと見られています。

同課は田辺容疑者が首謀者と見て、実態解明を進めていくそうです。

 

逮捕容疑は、昨年11月下旬頃から今年1月上旬頃にかけて、『特別枠の方には、出店料を半額にして、必要な機材は無償で犯しします』などと嘘を言って、千代田区の会社と大坂市に住む飲食店経営者の30代女性から、現金計約65万円をだまし取った疑いが持たれています。

田辺容疑者らは『日本最大級の食フェスに!』等と謳い、今年2月に東京と大坂で開催するとしていました。

 

東京会場では10日間で延べ50万人以上、大阪会場では8日間で延べ20万人以上の来場を目標に掲げていたということです。

しかし、大東物産は今年1月中旬頃出展者に開催延期を通知してきたというのです。

集めた出店料計約1億3600万円のうち返金したのは約500万円のみだったそうです。

 

同社は2月20日に東京地裁から破産手続開始決定を受けました。

 

怒り収まらない被害店

被害にあった出店予定者は『最初からお金を騙し取る目的だったに決まっている。

明らかな嘘だ。

とにかく罰を与えてほしい』・・・・・等と、怒りをあらわにしています。

 

東京都中野区でレストランを経営する鈴木亮平さん(34)の元に勧誘パンフレットが届いたのは2016年9月頃だそうです。

興味を持ち連絡を取ると、『飲食店の口コミサイトで高い点数がついている店に声を掛けている』と語り、出店料が半額になる限定の特別枠が有ると誘われた。

経営が軌道に乗ってきたところで、鈴木さんは『初めてのグルメイベントに参加しよう』と出店料約20万円を振り込んだということです。

 

年末になり、インターネ途上でイベント開催を疑問視する声が出始めたため、不安を覚えた鈴木さんは今年1月13日にキャンセルを申し出たというのです。

しかし、主催者側は返金するとしながらも時期を遅らせ続け、最終的に連絡が取れなくなったそうです。

その後一方的にイベントの延期を発表、具体的な説明もないまま破産手続きを開始したということです。

 

鈴木さんは全国の出店予定者と連絡を取り合って、被害者の会を結成、主催者側の責任を追求してきたそうです。

『払ったお金だけではなく、既に食材や資材を仕入れて準備していた店も有る。

自分がやったことに対して責任をとってほしい』とコメントを出しています。
ホワイトロジーエッセンスWの入ったトライアル3点セットはコチラ

VアップEMSマグマジェル!富士山溶岩配合!塗ってラクラクくびれを作る【VアップEMSマグマジェル)】

スポンサーリンク