スポンサーリンク

スマホで女性宅盗み見

 

スマートフォンの『遠隔監視アプリ』で女性の生活を盗み見たとして、愛知県警が6月8日、ストーカー規制法違反と不正指令電磁的記録共用の疑いで、住所不定の飲食店従業員高梨真義容疑者(42)を逮捕した云うことです。

高梨容疑者は、容疑を認めているそうです。

 

県警の発表によりますと、被害者の家や職場などの付近で行うものと規定されたストーカー規制法の『見張り』行為を、スマホによる遠隔監視に適用するの初めてのことだという事です。

遠隔監視アプリは、留守宅に設置したスマホのカメラを通して、子供やペットの安全を見守るなどの目的で使用されているものです。

 

逮捕容疑は4月12日頃に、勤務先アルバイトする女子大学生(20)のスマホに同アプリを無断でインストールし、大学生の居間にスマホを設置した5月2日から6日にかけて、アプリを使い自分のスマホで見張った疑いが持てれています。

 

県警サイバー犯罪対策課によりますと、高梨容疑者は勤務先の更衣室で女子大学生宅の鍵を勝手に持ち出して部屋に親友していたということです。

大学生の古いスマホを盗んでアプリを入れて居間に設置し、獅子柄活を盗み見ていたのです。

 

県警は5月に、大学生宅への住居侵入と窃盗の容疑で同容疑者を逮捕していました。

スポンサーリンク

 

遠隔監視用アプリとは

アプリは無料で、多機能なアプリがたくさんあり、使わなくなったスマホの活用術として、余ったカメラを留守中の防犯カメラに使用したりすることが出来るのです。

余ったカメラの映像は、現在使っているスマホで確認できます。

 

防犯カメラと言うと、設置が大変で高価なものが多いかと思いますが、手軽にスマホを防犯カメラにすることが出来、常にカメラで監視し、動きがあった場合に写真・動画撮影や音声メッセージ、メールの送信なども出来るようになっています。

また、webカメラ付きのパソコンなども利用できるそうです。

 

幼児モニタやペットモニタなどに使用している方もいるそうです。

例えば、赤ちゃんのゆりかごの上に起き、随時赤ちゃんの動きに注意が払え、泣いているのか、目が覚めたか寝返りや比較的大きな動きをした時に、動態検知メールで知らせてくれるそうです。

 

離れていても、いつでも一緒。心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【神々(じんじん)】九州産の麦のみで仕上げた本格麦焼酎です!