スポンサーリンク
音楽プロデユーサー【覚醒剤使用容疑】で逮捕 | Network 出来事

Network 出来事

最新の事件や情報を、わかり易く紹介

危険ドラッグ, 芸能人, 覚せい剤

音楽プロデユーサー【覚醒剤使用容疑】で逮捕

スポンサーリンク

スポンサーリンク


寝ないで仕事するほど忙しかった

 

覚醒剤を使用したとして、警視庁組織犯罪対策5課が16日、音楽プロデユーサーの男(65)・東京都渋谷区代官山町・ら3人を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕したと発表しました。

(参考写真であり、本文との関連性はありません)

 

逮捕容疑は、5月中旬~25日頃にかけて、自宅で覚せい剤を使用したなどとされています。

プロデユーサーの男は『寝ないで仕事をするほど忙しかった』と、容疑を認めているそうです。

 

同課によりますと、共に逮捕されたのは横浜市磯子区磯子3・無職の男(39)ら2人が国際郵便で覚せい剤を密輸入し、民泊のマンションに一度届けさせ、プロデューサーの自宅に転送をしていたと云うのです。

男は以前、プロデューサーの音楽事務所で働いていました。

 

多くの有名アーティストを担当していた音楽プロデユーサーが逮捕されたということで、芸能界に激震が走ったそうです。

音楽プロデユーサーは先月、渋谷区の自宅で覚せい剤を使用した疑いが持たれているのです。

スポンサーリンク


 

警視庁によりますと、音楽プロデユーサーの事務所で働いていた、男(39)ら2人がアメリカから約1キロ6500万円相当の覚醒剤密輸したとして逮捕され、その捜査の中で月光容疑者の関与が浮上したということです。

取り調べに対して音楽プロデユーサーは『吸ったら目が覚めて止められなくなった』などと、容疑を認めています。

 

音楽プロデユーサーは、ロックバンド『BOOWY』の楽曲の制作に関わるなど、多くの有名なアーティストのプロデユースを担当していました。

1970年頃、ロックバンド『だててんりゅう』や『DrKEI&摩天楼』で活動していたそうです。

その後、阿久悠氏、三木たかし氏、井上大輔氏に支持したりして、映画音楽監督など活動の幅を広げてきたとのことです。

 

1977年に舘ひろしさんのアルバム制作に関わるなどし、音楽制作会社ビーイングを創業し副社長に就任しています。

その後1982年に『BOOWY』の制作に参加、84年に音楽制作会社パブリック・イメージを創業、以降、『LINDBRG』、『氷室京介』さんなどの音楽プロデユースを担当していたということです。

 

お得な情報


スカイスキャナーは航空券、ホテル、レンタカーを瞬時に検索比較できる旅行検索サイト



月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

アトケアプロお子様から大人までの肌トラブルのつらい症状をサポートするために開発されたサプリメントです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。